1402.

右 みきさとみち
左 くまみち

大正十五年五月建立 九鬼村役場


(尾鷲市九木峠)

(位置図は、こちらをクリックして下さい。)

1402.九鬼浦

ここは九木峠(標高522メートル)である。峠の片隅に小さい角柱の「道標」が立っている。正面に「右、みきさとみち/左、くきみち」、左側面「大正十五年五月建立、九鬼村役場」と刻んである。「九鬼村」は九鬼水軍の発祥の地・尾鷲市九鬼町である。当時、村役場が道標を立てるほど、この道は、たくさんの通行者があったようだ。鉄道の開通まで、この峠道は「生活道路」として欠かせない道でもあった。「右、みきさとみち」は、荒神堂を経由し、頂上の八鬼山峠(三木峠ともいう)へ続く「熊野古道」である。八鬼峠(標高627メートル)へ達すると、「江戸道」と「明治道」に分岐し、いずれの道も、尾鷲市三木里町へ下っていく。

尾鷲市向井浦から国道311号線を、車で40分ほど走ると九鬼浦に出る。くねくねした山腹の道路で、左手に熊野灘が望めます。この九鬼浦はリアス式海岸特有の入り江に面する美しい漁業の町である。九鬼浦を前にして、海岸路を右に進むとJR九鬼駅があり、左に折れると網干し場・魚市場が目に入る。さらに直進すると天神様に出、魚市場から山手に石段を登りつめると真厳寺がある。

 九鬼浦は、戦国時代、織田水軍の発祥地でもある。九鬼氏の先祖は遠く南北朝時代に遡る貞和4年(1348)、北朝方の仁木弾正に攻められて九鬼浦に逃れた北勢にいた佐倉城主藤原隆信が、この地に九鬼城を築き、姓を九鬼氏と改めた。その後、隆信の子孫達は次第に軍力を備え、9代光隆の頃には強力な水軍力を持つに至った。光隆の弟、嘉隆は波切から鳥羽に進出し、豊臣秀吉の朝鮮侵攻に際して水軍の将として活躍した。

 入江の東外れの丘に九鬼天満宮が鎮座する。この天神さんは九鬼氏ゆかりの神社で、境内には寛文10年(1670)に九鬼式部少将藤原高季が奉納した石灯籠が残っている。山上の社殿への参道両側の急斜面には、亜熱帯性・暖地姓の樹木が自生していて、これらの樹木は昭和11年(1936)に国の天然記念物に指定された。境内に自生するクサマルハチは、北限を示すものとされている。

 魚市場から少し入った小高い裏山の中腹に九鬼氏の祖、藤原隆信が創建したといわれる真厳寺がある。寛永21年(1644)既にあった薬師寺に延命庵と林泉庵の両方の寺を合併して真厳寺と号したもので、本尊薬師如来坐像は、昭和31年(1956)県の有形文化財に指定された。このほか室町期の木造阿弥陀如来坐像、江戸初期の木造聖観音立像、普賢菩薩坐像などが安置され、今の本堂は文化4年(1807)の建立である。(三重フィールド研究会編『三重のかくれた名所』より)


1403.羽後峠の道標   1401.本町道標へ