1524.

日本三躰如来

左 老川如来道 是より/四丁

弘化五戊申年/二月吉日 山崎甚蔵/里藤儀右エ門/布袋や孫治良/更屋治助中ノ嶋(他9名)

右 老川如来道

(伊賀市老川下出、144.0×35.0×37.5)

(位置図は、こちらをクリックして下さい。)

1524.極楽寺

 青山町老川字長谷にある曹洞宗の極楽寺の本尊である阿弥陀如来は、善光寺様式の一光三尊如来で秘仏として61年毎に開帳される。

 創建の伝説として「極楽寺縁起録」には次のように記されている。

 都が飛鳥にあった推古天皇の頃、信濃の本田善光が都に上ろうと堀江を通りかかると、紫雲の中から三尊仏が現れ、「宿縁深き汝が国に守護すべし」と善光に告げた。三尊仏を背負い信濃に赴く途次、大和国の橘寺に泊まって翌朝仏を拝すると、三体に分身していた。そこで一体を橘寺に、一体を奈良東大寺に納め、残る一体を故郷に持ち帰り小堂を建てて安置し、善光寺と名付けた。

 鎌倉時代、老川村にいた庄治(少弐)忠治は、官を辞めて奈良東大寺に入り、名善律改め玄聖法師に随身し、本田善光が納めた分身の如来尊像を信仰して修法に努めていた。日夜、修法を積んだ善律が帰郷しようと決心し、尊像に暇乞いをすると「われ衆生済度のための地より汝が里に行かん」とお告げがあった。老川村に帰った善律は草庵を結び、如来の来迎を待ったが、願いは叶わず6年後の弘安5年10月に他界した。

 この頃、東大寺の僧侶達の前に毎夜のように如来が現れ、「われを伊賀国老川村の里に送るべし」とのお告げがあった。そこで全山で相談し、弘安6年正月に如来尊像を輿に載せ、老川の里に送った。村民一同はこれを迎え、ひとまず領主太宰少輔屋敷の前にある大岩の上に安置した。

 さて、信州では本田善光の末裔の善平が、先祖が納めた東大寺の分身如来を参拝しようと奈良に赴く途次、伊勢参宮して田丸へ来たところ「その如来は伊賀国老川に来ている」ということを聞いた。話変わって、正味の如来を拝しようと願って、信州善光寺に参籠していた播州赤松氏の家臣宇野修理に「わが姿を拝せんとならば伊賀国老川村の里に行くべし」とのお告げがあった。

 このような奇縁で本田善平、宇野修理の両人が老川に来合わせた時、尊像を善律の庵に安置しようとしていた矢先であった。話を聞いた太宰少輔は本田、・宇野に仏殿を建てることを持ちかけ、三名が願主となって寿陽山の中腹に寺を建立する。弘安7年正月に寺は完成し、尊像を安置して出合寺と号した。このことから村を出合村とも呼び、寺も寝逢寺とも称したが、のち寿陽山極楽寺と改めた。

 伝説の真否はさておき、伊賀市古郡の常福寺に「伊賀国老川極楽寺」と銘刻した応永年間(1394〜1427)の鰐口が所蔵されている。南北両朝が合一した直後の室町時代初期にすでにこの寺があったことが分かる。また、寺僧の過去帳は戦国時代の享禄元年(1528)に没した寂中徳常から始まっている。徳常は奈良県御杖村の安能寺から入った高僧で、極楽寺の隆昌に尽くし、春秋の彼岸会には遠近から参詣者が群れを成すようになったという。(昭和54年刊『青山町史』より)


1525.兼好塚へ   1522.滝仙寺へ