2005年4月〜6月

6月8日

6月4日、Nさんと(今回は伊勢在住のK子さんもご一緒)朝熊山の金剛証寺へ鳥羽の堅神から登って内宮へ降りるコースを歩く。あいにく天候は不順、登り坂の途中、昼飯を食べていると雷と共に雨が降ってきた。急いで雨具を着込んで金剛証寺へ駆け込んだ。

宝物館の入口で受付のMさんとしばらくぶりの出会いに話が弾んで、帰りのスタートが遅れたが、下りの宇治岳道の脇に咲いている薄紫の(現場では「テッセン」とのNさんのご託宣。家に帰って調べなおして)「カザグルマ」をK子さんが見つける。「カザグルマ」とは坂の途中、ちらほらと出会うことができました。

5時を回っての内宮着。人影がまばらな中で参拝を済ませて車に乗り込むと、とたんに土砂降りの雨。タイミング良くずぶぬれを免れました。

8日、カザグルマを調べるために買い求めた『野草の名前』に触発されて、花の写真を、と思い立って豊橋の葦毛(いもう)湿原へ出かけましたが、見事に空振り。湿原には野バラの花のみ、花らしい花はNHK送信塔へ上る山道の途中、1輪の「ササユリ」と出会っただけでした。普段、カミさんに頼まれている庭の草取りから逃げ回っていた報い…

5月31日

またまたまたクラブツーリズムのバスツアー、今回は尾瀬。初日は吹割の滝で足ならし、翌日は鳩待峠から尾瀬ヶ原のハイキングでした。見晴で昼食の後、雪の坂道の上り下りで三条の滝へ。尾瀬ガイドの千明さんの先導、途中、ロープを張ったり足元の雪を固めたりして歩きやすいようにして頂き、そして一行の中の経験者、加藤さんのアドバイスもありなんとか滝にたどり着くことができました。滝は雪解けの水を集めて壮大としかいいようがない。滝の所に咲いていたシャクナゲやタムシバとも出会うことができました。

3日目、檜枝岐小屋を5時半に出発、尾瀬沼の北岸を回ってビジターセンターへ出て、三平峠から大清水までの16キロ、雪の残る山道とミズバショウが点在する湿原を歩きました。

帰路、バスのドライバー氏の不祥事もあって到着はかなり遅れましたが、2日間、ミズバショウを堪能したハイキングでした。

5月25日

「今日は定休日、空は五月晴れ、財布はカラッポ」の三拍子。そんなときによく出かけるのが伊坂ダム。家から歩いて40分、ダム一周40分で往復2時間のウォーキング。

一周をしてから家へ電話をするとカミさん、今からご近所の方と買い物に出かけるという返事で、それならとあと一周する。

二周目に入って坂を登り切ったところの側溝に何かがいる。最初はタヌキかとも思ったがちょっと違う。よく見るとアナグマ?それともアライグマ?わからない。下の動物、教えてください。

5月14日

またまたクラブツーリズムのバスツアー。行き先は信州、「妙高高原・大かやば焼き、鬼無里のミズバショウ」に参加しました。初日の笹ヶ峰周辺の散策と夜の山焼き「艸原祭」は天気にも恵まれまして、沢山残っている雪に「へぇー」、季節はずれの花火に「ホーッ」の一日でした。

2日目の鬼無里、奥裾花自然園のミズバショウは雨の中のブナ林の散策。さすが奥の「こうみ平湿原地」の方は雪が多く残っており、人はまばらでした。樹齢350年の札をかけたミズナラもあり、それなりの森林浴と雪の中の花見を満喫してきました。

4月29日

趣向を変えてクラブツーリズムのハイキング、行き先は朝霧高原。パンフレットには「ハイキング入門」とあって、おまけに「みどりの日 お客様感謝デー」で代金も3,300円とお値打ち。行かない手はないとばかりに申し込んだ。

さすが皆さんよくご存じで、このツアーに愛知・岐阜・三重からバスが57台出ている、とは添乗員さんのお話。…ちょっと嫌な予感。コースは田貫湖から東海自然歩道を歩いて道の駅までの約9キロ、歩行時間約2時間半とパンフレットに書かれていた。

行動時間3時間30分とあり、のんびり富士山を見ながらと思い、スタート直後に昼食をとり歩き始めるが、さすが2千人が同じ道を歩くのは壮観。しかし、東海自然歩道、それなりにアップダウンもあり、歩くだけで3時間半かかり、集合時刻の3時50分にギリギリに到着する羽目になった。これが入門編だとすると、5月に歩く中級編についていけるだろうか、とちょっと心配になってきた。

しかし、お陰様で富士山、うっすらとながらお目にかかることが出来ました。上の画像をクリックするとやや大きめの画像がご覧になれます。

4月17日

行き出すと続く三交バスハイク、今回は駒ヶ根高原。ゴールの高原家族村の「こぶしの湯」に入って疲れを癒してから帰りました。しかし、この頃登りが一段ときつくなってきたな、年令かなぁ。画像は駒ヶ池から遠望の駒ヶ岳と光善寺付近の花便りです。

4月2日

久しぶりの三交バスハイク。行き先は中馬街道の宿場町「足助」、そして飯盛山の斜面に咲く「カタクリ」が目的でした。タイミングも良く沢山な人出の中、何とか撮りました。

町並みを歩いて西はずれにある明治37年の馬頭観音に手を合わせて、駐車場の近くまで戻ったらまだ時間があったので、三州足助屋敷に入館する。去年の年末に句集を頂いた川島町のIさんにお土産をと思い買い求めた手漉きの和紙。持って入った喫茶店を出るときに座席に忘れて待月橋を渡ろうとして思い出し、取りに帰って走って戻って、これが一番疲れました。

「自己紹介」へ戻る

 ホームページへ