大和街道の道標と常夜燈


大 和 街 道

大和街道・伊賀街道が通る伊賀国は、伊勢・近江・山城・大和の国々に囲まれた山国で、上野盆地に入るためには、どの道を通っても険しい山を越えなければならなかったと同時に、伊賀国を通らなければ相互の連絡に不自由するという交通の要衝であった。

大和街道は、江戸自体には加太越奈良道と呼ばれ、関の西の追分で東海道から分岐し、加太峠を越え、三重県を抜けて奈良へと続く街道である。この道の歴史は古く、大海人皇子が壬申の乱に折に、源義経が木曽義仲を討つ折に通ったのが、加太を越えるこの街道の原型ともいうべき道であるといわれる。

この歴史の英雄たちが駆け抜けた道は、現在は殆どが農道となり、一部は拡張され国道25号や国道163号になっている。

慶長13年(1608)、徳川家康の信任も厚い藤堂高虎は、伊勢・伊賀の藩主に移封されると、国の防衛のため伊賀の道は険しいままにしておくようにと命じ、伊賀国への入口ともいうべき「伊賀の七口」に兵を置いて領国を守るという政策をとった。これ派高虎がこの地へ移封されたのが、大坂方への前進基地の意味を持つためと思われる。同様に高虎は津を平時の時の城、伊賀を「秘蔵の国」即ち万一の時の本城と考えていたのである。

この街道は大和地方諸国の大名が参勤交代の折に利用する道であれ、伊賀国と山城国を結ぶと同時に木津川の水運につながり、淀川を経て、下流の京都・大坂という二大都市、そして外洋へと続く重要なルートでもあった。

伊賀地方は大和地方に隣接し、東大寺などの影響も強かった。また、さらに古代に遡ってみると、この地方は古墳の密集地帯でもあり、遙か古代から畿内の進んだ文化が流れ込んでいたことが伺える。

おそらく木津川という巨大な流れが、人や文化を運ぶ自然の道となってきたのであろう。そして、大和街道はその歴史の流れを受け継いだ街道であるといえるのかもしれない。(『みえ歴史街道 ウォーキング・マップ』より)


〈号外〉道路元標

関町の道標

伊賀町の道標と常夜燈

上野の道標

(号外)奈良〜加茂町の道標

島ヶ原の道標


参考並びに引用させて頂いた書籍など
歴史の道調査報告書・大和街道 三重県教育委員会 昭和58年3月
みえ歴史街道 ウォーキングマップ・大和街道 三重県生活文化部
加茂町史・第二編 加茂町 平成3年2月
島ヶ原町史 島ヶ原町 昭和58年2月
上野市史 民俗編・上巻 上野市 平成13年7月
上野市史 文化財編 上野市 平成16年8月
伊賀町史 伊賀町役場 昭和54年2月
鈴鹿 関町史・上巻 関町教育委員会 昭和52年3月
伊賀郷土史研究・第6輯 伊賀町郷土史研究会 昭和49年11月
伊勢路に道しるべを訪ねて 武藤善一郎 平成16年10月