奈良街道の道標と常夜燈


奈 良 道

奈良道は五百野村(現安芸郡美里村)で伊賀街道から分岐し、長野川に沿って南下し、多野田村の稲初垣内を通り、庄田村北方山間部の通称塩見坂を下り、戸木村を経て久居城下に入り、旅籠町を宿場とする。本町を通って城下を出はずれると本村に入り、川方村・牧村を経て、雲出川の反乱原に下り、雲出川を渡船で川原木造(現一志郡嬉野町)へ渡る。

それからは新屋庄村(現嬉野町)を通って中林の月本(現一志郡三雲村)で伊勢参宮街道に合流するが、その行程は4里4町39間、道路幅は最も広いところで24尺、最も狭いところで6尺であった。(明治16年三重県統計書)

わずか16キロそこそこの短距離で、しかも伊賀街道という津藩最重要幹線道路から分岐する支道的な街道にもかかわらず道標や常夜燈に「右さんぐう 左ならみち」(二ノ町弘化3年道標)などと彫りつけられているように、「奈良道」と称されているところをみると、この道の成立は伊賀街道よりも古く、中世に奈良から木津川沿いに伊賀盆地に入り、長野峠(現安芸郡美里村)を越えて伊勢へ通ずる道路として発達していたものと思われ、江戸時代に大坂・奈良方面からの参宮道者の中には、この道を通る者も多かった。(『日本歴史地名体系・三重県の地名』より)


嬉野・三雲の道標と常夜燈

久居の道標と常夜燈

戸木の道標と常夜燈

七栗の道標と常夜燈

(号外)榊原の道標と常夜燈

稲葉の道標と常夜燈


参考並びに引用させて頂いた書籍など

書 籍 名 著者・編者 発行年月
歴史の道調査報告書・伊賀街道 三重県教育委員会 1984年6月
みえ歴史の道ウォーキングマップ・伊賀街道 三重県生活文化部
東海・近畿の参宮常夜燈 荒井 留五郎 1991年12月
伊勢路に道しるべを訪ねて 武藤 善一朗 2004年10月
久居市史 上・下巻 岡田 文雄 1972年3月
ふるさと三雲・今と昔 三雲町役場 1996年3月
日本歴史地名体系・三重県の地名 平松 令三 1983年5月