伊勢街道の道標と常夜燈


ー 伊 勢 街 道 ー

伊勢街道は、日永の追分で東海道から分かれ、伊勢湾沿いを南下して伊勢へ至る。その距離およそ18里。日永の追分・白子・津・六軒・松阪・斎宮から伊勢へのルートは、近世にはほぼ固定され、脇街道として幕府によって整備された。

もともと伊勢神宮は皇祖神を祀る神社として、一般人が参拝することができなかったが、平安時代以降、天皇・貴族の権力が衰えると、武士、そして庶民にも伊勢信仰が広がり、室町時代頃には庶民の伊勢参宮も一般化していたという。

また、「御師(おんし)」と呼ばれる人たちが地方に赴いて布教活動を行い、各地で「伊勢講」を作り、組織的に伊勢参りを進めていった。近世の伊勢参りでは、この「講」で資金を積み立て、その中の代表者が伊勢参宮を行う「本参り」が主流であったが、「抜け参り」と呼ばれた親や主人の許可なく抜け出して参宮する者もおり、抜け参りをした場合、主人らはこれをとがめることなく、帰ってきた場合は祝いをして迎える習慣であったため、抜け参りは後を絶たなかったという。

また、江戸時代には、伊勢のお札が降った等の噂が発端となり、人々が一時期に集中して参宮に押し寄せる「おかげ参り」が50〜60年周期で流行し、時には500万人もの人たちが熱狂的に伊勢を目指した。

このように伊勢街道は、江戸時代には東海道に次いで交通量が多い街道で、大量の物資や情報も行き交い、途中、東海道や伊勢別街道、伊賀街道などの街道が合流(分岐)するため、伊勢国の幹線道路として、地元の人々にとっても重要な道であった。(『みえ歴史街道ウォーキング・マップ伊勢街道』より)


号外・伊勢市の道標(2)

号外・伊勢市の道標(1)

伊勢の常夜燈

伊勢の道標

明和町の道標

松阪の常夜燈

松阪の道標

香良洲道の道標と常夜燈

三雲町の常夜燈

三雲町の道標

津の常夜燈

津・河芸の道標

四日市・鈴鹿の常夜燈

四日市・鈴鹿の道標


参考並びに引用をさせて頂いた書籍など
書  名 著者・編者 発行年月
歴史の道調査報告書・伊勢街道 三重県教育委員会 1987年5月
みえ歴史街道ウォーキングマップ・伊勢街道 三重県生活部文化課
大和路・いせ路 道標の旅 稲神 和子 1979年5月
東海・近畿の参宮常夜燈 荒井 留五郎 1991年12月
参宮街道 中沢  正 1969年10月
四日市市史・第六巻 四日市市 1992年3月
鈴鹿市史・第二巻 鈴鹿市教育委員会 1983年5月
香良洲町史 香良洲町教育委員会 1993年3月
三雲庶民史 三雲村役場 1958年7月
伊勢市の石造遺物 伊勢市教育委員会 1987年3月