伊勢本街道の道標と常夜燈


伊 勢 本 街 道 ー

大和国と伊勢神宮を結ぶ街道で、別名、伊勢本街道、伊勢中街道とも呼ばれる。街道沿いには、古代祭祀遺跡などが多く、箸墓古墳(奈良県桜井市)と斎王宮(三重県多気郡明和町)を結ぶ、北緯34度31分、いわゆる「太陽の道」との関わりがあるともいわれた。

飛鳥・藤原時代には大和と伊勢神宮を結ぶ重要な道であったが、平安京遷都後初瀬(はせ)街道が利用され、鈴鹿峠越えが主流となると、一時期は衰退した。

しかし、南北朝以後、伊勢国司北畠氏が現在の美杉村多気に館を構えたため、多くの武士団が居住し、初期城下町を形成していた。

やがて、その城下を通る伊勢本街道が再び重要視されるようになり、伊勢参宮者の増大に伴い、多くの人々が行き交う街道へと変遷していく。北畠氏滅亡後も宿場町の機能は残り、伝馬所が置かれ、江戸末期には旅籠も9軒ほど存在したとされている。

また、この街道は、大和から伊勢への最短コースに当たるが、険しい山道が多く、旅人におそれられた。本居宣長の紀行『菅笠日記』には、宣長が大和の旅を終えた帰路、榛原で一行に本街道越えを指示した際の様子が描かれているが、一行はこの道を通るなど考えただけでも恐ろしい、と震え上がっている。

しかし、神代の昔に倭姫命(やまとひめのみこと)が天照大神鎮座の地を求めての旅に関わる伝承も多いことから、「神の御心に叶う」として多くの参宮の旅人に利用されたのである。

明治に入ると、街道の改修、新道建設が盛んとなり、馬車・荷車が通行できない峠道の改修、迂回路の建設が各所で進められた。

以後、雲出川上流域と伊勢・松阪方面を結ぶルートとして利用されたが、大正年間、津から雲出川上流域へのバス路線の開通、昭和10年名松線の開通などにより次第に衰微した。当街道の奥津(美杉村)〜横野間は国道368号線になり、漸次改修されている。

旧宿場町に残された道標や常夜燈、古い町並みがかつての姿を今に伝えている。(『みえ歴史街道ウォーキング・マップ、伊勢本街道』より)


玉城の常夜燈

玉城の道標

多気の常夜燈

多気の道標

松阪の常夜燈

松阪の道標

飯南の常夜燈

飯南の道標

号外・丹生俣の道標と常夜燈

美杉の常夜燈

美杉の道標

御杖の常夜燈

御杖の道標

曽爾の道標

室生の道標

榛原の常夜燈

榛原の道標(その2)

榛原の道標(その1)

 初瀬の道標


参考並びに引用させて頂いた書籍など

書   名 著者・編者 発行年月
歴史の道調査報告書・伊勢本街道 三重県教育委員会 1982年3月
歴史の道調査報告書・伊勢本街道 奈良県教育委員会 1985年3月
みえ歴史街道ウォーキングマップ・伊勢本街道 三重県生活文化部
大和路・いせ路 道標の旅 稲神 和子 1979年5月
東海・近畿の参宮常夜燈 荒井 留五郎 1991年12月
伊勢本街道 (上)・(下) 上方史蹟散策の会 1993年3月
伊勢路志摩路 吉井 貞俊 1977年5月
遊行 伊勢本街道 吉井 貞俊 1993年7月
はいばらの伊勢街道ーその周辺の歴史と文化 榛原町広報課 1991年3月
榛原町史 榛原町役場 1959年3月
榛原町史 本編 榛原町役場 1993年3月
室生村史 室生村役場 1966年2月
曽爾村史 曽爾村役場 1972年11月
御杖村史 御杖村役場 1976年3月
美杉村史 上巻・下巻 美杉村役場 1981年3月
飯南町史 飯南町役場 1984年3月
松阪市史 10巻 松阪市 1981年3月
多気町史 多気町 1992年4月
玉城町史 第1・2・3巻 金子 延夫 1983年8月