伊勢別街道の道標と常夜燈


― 伊 勢 別 街 道 ―

関宿東追分で東海道と分岐し、現在の芸濃町を通って南下、津の江戸橋で伊勢街道と合流するこの街道は、江戸時代には「いせみち」「参宮道」「山田道」などと記され、「伊勢別街道」の名が使われるようになったのは、明治10年以降であるといわれている。

伊勢別街道の名は、四日市日永追分から伊勢にいたる伊勢街道の支道の意味で、街道の総距離はおよそ4里26町。途中、楠原・椋本・窪田に宿場が設けられ、江戸時代には京都方面からの参宮客で賑わった。

椋本宿には、約20軒の旅籠があり、現在でも各地の参宮講の講社札を掲げた旅籠も存在する。また、宿場の常としてたびたび大火に見舞われたため、街道を故意に屈曲させて防火の便を図っている。

窪田宿においては、30軒を越える家が近年まで屋号を持ち、昔は宿屋であったと言い伝えられている。

3つの宿場以外の沿道では、茶屋などの施設が発達し、大古曽村の森などでは「茶屋町」の名が付けられ、何軒かの茶屋が軒を連ねていたとされる。

また、日本の政治の中心が大和にあった頃には、大和から伊賀を通って伊勢に至る主要ルートでもあった。そのころの街道は、関で東海道と分岐したあと鈴鹿川を渡り、関町古厩から芸濃町椋本のあたりから安濃川に沿って南下するコースで、現在のように志登茂川に沿って豊久野を通るコースは、室町時代以降のことである。(中略)将軍だけでなく、一般の参宮道者も通ったとされるこの街道には、参宮講社の寄進によって作られた県下最大の常夜燈が現存し、往時を偲ばせる街道遺産となっている。(『みえ歴史街道ウォーキングマップ・伊勢別街道』より)


号外・芸濃町の道標

伊勢別街道の常夜燈

一身田の道標

椋本の道標

楠原・林の道標

関町の道標


参考並びに引用をさせて頂いた書籍など
書    名 著者・編者 発行年月
歴史の道調査報告書・伊勢別街道 三重県教育委員会 1984年6月
みえ歴史街道ウォーキングマップ・伊勢別街道 三重県生活文化部
東海・近畿の参宮常夜燈 荒井 留五郎 1991年12月
鈴鹿 関町史・上巻 関町教育委員会 1977年3月
芸濃町史・上巻 芸濃町教育委員会 1986年6月