伊賀街道の道標と常夜燈


伊 賀 街 道

伊賀街道・大和街道が通る伊賀国は、伊勢・近江・山城・大和の国々に囲まれた山国で、上野盆地に入るためには、どの道を通っても険しい山を越えなければならなかった。また同時に、伊賀国を通らなければ相互の連絡に不自由するという交通の要衝でもあった。

伊勢国と伊賀国にまたがる伊賀街道は、津から橡ノ木峠とも呼ばれた長野峠を越えて上野に至る全長約12里(約50q)の街道で、現在の三雲町の月本の追分を起点とする奈良街道(古くは「伊賀越奈良道」)と重なる部分が多い。道は現在の国道163号線に沿う形で通っており、今でも国道沿いのあちこちにかつての街道の面影が残っている。

津城下を出発し、長野峠、上野、島ヶ原と抜けるこの街道は、東海道のような主要幹線道ではなく、京、大和、山城方面と伊勢神宮を結ぶ参宮の道としての性格を備えた地方道のひとつに過ぎなかったが、慶長13年(1608)に藤堂高虎が伊勢・伊賀二国の大名として移封され、津を本城に、伊賀上野を支城としたため、津を起点に藩のふたつの拠点を結ぶ津藩内の最も重要な官道として整備された。これが現在の伊賀街道である。

街道には伊勢国側に前田宿(後の片田宿)、長野宿、伊賀国側に上阿波宿(後に平松宿)、平田宿があり、宿には公亭とも茶屋とも呼ばれる藩主の休泊所が設置され、伊賀街道の官道としての性格を物語る。宿場の西に設けられた火除け土手は、津藩の街道の特徴で、かつてはどの宿場にもあったと思われるが、現在は長野宿のものが現存するのみである。

また、この街道は、上野経由で伊勢に向かう参宮の旅人が利用したりしたが、参宮道や官道としてだけでなく、津方面からは水産物や塩が、伊賀方面からは種油や綿などが津へと運ばれ、その一部は江戸まで船で運ばれるなど、伊賀・伊勢両国の物資や人が行き交う経済・生活の大動脈としての役割も担っていた。このため、街道沿いは宿場を中心に賑わったという。多くの文人墨客や俳聖・松尾芭蕉も長野峠越えの道を利用し、街道筋にはいくつもの句碑が建てられている。(『みえ歴史の道・ウォーキングマップ』より)


津の道標と常夜燈

美里村の道標と常夜燈

大山田の道標と常夜燈

上野の道標と常夜燈


参考並びに引用させて頂いた書籍など

書 籍 名 著書・編者 発行年月
歴史の道調査報告書・伊賀街道 三重県教育委員会 1984年6月
みえ歴史の道ウォーキングまっぷ・伊賀街道 三重県生活文化部
東海・近畿の参宮常夜燈 荒井 留五郎 1991年12月
伊勢路に道しるべを訪ねて 武藤善一朗 2004年10月
伊賀郷土史研究・第6輯「伊賀の道標」 福永正三 1974年11月
上野市史・文化財編 上野市 2004年8月
大山田村史、上巻・下巻 大山田村 1982年3月
美里村史 美里村 1994年10月
久居市史 岡田文雄 1972年3月
ふるさと三雲・今と昔 三雲町役場 1996年3月