初瀬街道の道標と常夜燈


初 瀬 街 道 ー

京・大和方面と伊勢を結ぶ初瀬街道の全長は約14里17町。現在の松阪市六軒から青山峠を越え、名張を経て長谷へと至ることからその名がある。

現在の国道165号線、或いは近鉄大阪線に近いルートを通るこの道は、古くは「青山越」・「阿保越」、参宮表街道・参宮北街道とも呼ばれ、古代には「壬申の乱」の際、大海人皇子が名張に至った道であり、また、天皇に代わって伊勢神宮の天照大神に使えた斎王が伊勢へと赴いた道である。

飛鳥時代、藤原京時代には、大和と伊勢神宮を結ぶ伊勢路の北路となり、平城遷都以後も奈良と伊勢を結ぶ幹線道路であった。

平安遷都以後、平安京から鈴鹿越えで伊勢に向かう官道が出来、また、伊勢国司・北畠氏が拠点を置いた伊勢本街道が利用されるようになったため、初瀬街道は一時衰退したが、伊勢参宮や伊勢からの初瀬詣でが盛んになるにつれ、険しい山道の多い伊勢本街道よりも比較的平坦な初瀬街道が利用されるようになり、江戸中期から明治初期が最も賑わったという。

当栫AQ宮客は初瀬で一泊し、青山峠の麓の伊勢路宿(青山町)でさらに一泊、翌日は二本木(白山町)で昼食を取り、六軒で三泊目。大阪方面から伊勢へは片道4〜5日の旅であった。(後略)(みえ歴史街道ウォーキング・マップ『初瀬街道』より)


〈号外〉赤目の道標

嬉野町の常夜燈

 嬉野町の道標

一志町の常夜燈

 一志町の道標

 白山町の常夜燈

 白山町の道標

 青山町の常夜燈

青山町の道標

 名張市の常夜燈

名張市の道標(その2)

名張市の道標(その1)


参考並びに引用させて頂いた書籍など
書  名 著者・編者 発行年月
歴史の道調査報告書・初瀬街道 三重県教育委員会 1986年10月
みえ歴史街道ウォーキングマップ・初瀬街道 三重県生活文化部
大和路・いせ路 道標の旅 稲神 和子 1979年5月
東海・近畿の参宮常夜燈 荒井留五郎 1991年12月
名張の金石文撰 名張金石文研究会 1987年2月
名張の歴史・上巻 中 貞夫 1960年3月
名張の今昔 石原弘子 1993年9月
青山町史 青山町役場 1979年3月
三重一志白山町文化誌 白山町教育委員会 1973年2月
一志町史・上巻 一志町役場 1981年3月