田 中 音 吉 の 道 標  ーその2−

日清戦争前後の製糸場明治27年

この表は、明治27年末で職工10人以上を使用する69の製糸場を網羅している。産額は三重県と鈴鹿郡に多く、県下最大の工場は、三重郡の伊藤小左衛門の工場で105人の職工を使用し、数量で年間1,487貫、金額で77,200円の産出高であった。(『三重県史、資料編・近世3』より・下表も)

(鈴鹿郡・庵芸郡・河曲郡関係分のみ転載)

郡名

工場名称

所在地名

持主姓名

創業年月

職工人員

製 額

数量

価額

鈴鹿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 田中製糸場

 菊田製糸場

 市川製糸場

 勢陽館

 鈴鹿製糸場

 勝田製糸場

 勢陽館第三工場

 同第四工場

 磯部製糸場

 設楽製糸場

 勢陽館第五 工場

 同第六工場

 丹羽製糸場

 福島製糸場

 亀山町大字西町

 同町 大字北山

 同町 大字西町

 庄野村大字庄野

 牧田村大字甲斐

 同村大字甲斐

 石薬師村大字石薬師

 同村大字上野

 井田川村大字小田

 同村大字西富田

 高津瀬村大字広瀬

 同村大字広瀬

 椿村大字大野

 坂下村大字沓掛

 田中音吉

 菊田秋太郎

 市川新吉

 早川 保

 勝田嘉十郎

勝田久左衛門

 清水房太郎

 加藤弥一朗

 磯部種蔵

 設楽くに

 早川佐市

 市川 素

 丹羽太一郎

福島卯左衛門

明治20年6月

    24年8月

    26年6月

    12年9月

    25年4月

    27年4月

    24年9月

    24年7月

    25年6月

    21年6月

    25年5月

    23年5月

    24年1月

    25年6月

  5

  5

  2

  -

  4

  2

  1

  -

  2

  -

  2

  2

  1

  1

  61

  65

  12

  11

  40

  20

  15

  25

  15

  12

  23

  15

  25

  10

 646

 480

 125

  60

 250

 150

  80

 214

  63

  30

 144

 104

 150

  22

31,113

20,142

   5,624

   2,610

11,000

   6,600

   3,600

 9,630

   2,520

   1,260

   6,480

 4,576

   7,965

     880

庵芸

 丸ヲ製糸場

 明村大字萩原

 落合玉之助

    26年7月

  5

  30

 269

   8,951

河曲

 矢田製糸場

 箕田村大字下箕田

 矢田新五郎

    27年6月

  3

  15

 135

   4,475

(単位:人員は人、製額の数量は貫・価額は円)

さらに明治36年になると生産額は飛躍的に増加する。下は『三重県勧業年報』から抜粋。

 

職工人員

生産額

数量

価額

 田中製糸場

 菊田製糸場

 鈴鹿製糸

  3

  2

  5

  79

  85

  50

  1,100

  1,100

    600

  64,900

  64,900

  45,000


画像は「明治期の製糸場」(亀山製糸椛・『三重県史、資料編・近世3』より


 田中音吉の道標−まえがき(その1)

 田中音吉の道標−まえがき(その3)へ