なまえ  水 谷 一 夫 (みずたに かずお)
ところ  四日市市あさけが丘1丁目
生まれた年月  1943年3月
これまで  思い出したくないことばかり 思い出し
い ま  今日もまた ひねもす のたりのたりかな
これから  ボチボチと生きてゆきます 死ぬために
今日この頃

4月23日、

下街道の3回目、釜戸駅〜瑞浪駅間を歩きました。町屋の不動川を渡ってして左を見ると赤くさびた橋桁が目に入った。暫く歩いて天猷寺への曲がり角が分からず道脇でトラックに荷物を載せていた男性から国道19号の下をくぐる道を聞いて、ついでに「ひょっとして鉄道の廃線跡?」とお尋ねすると、昭和39年に廃線になった中央線の跡で、「交差点から右へ山の際を通る舗装道」で、瑞浪に向かっていたこと、「そこに信号があって信号待ちが長くなると近くの人は停車している列車から下りて家に帰った」ことを教えて頂きました。下街道はちょうど工事中で通行止め、八幡神社までの約300メートルは鉄道廃線跡歩きでした。

昼近くなって道の左手高台で大きな建物の屋根が見えたので、あそこで昼食をと思い登ってみると「名滝稲荷」の案内板に「舞台」とあって、幕末に建てられた村芝居の舞台と記されていました。(自信はないが)幅20メートル・奥行5メートルぐらいの建物で、床は板張りのがらんどう、天井はなく屋根裏の太い梁や桁が壮観でした。

9:55〉釜戸駅10:05〉愛宕辻灯籠10:25〉天猷寺10:45〉岩村街道分岐の聖号碑11:05〉釜戸地名発祥の地11:20〉中街道追分の道標11:45〉村堺の馬頭観音11:50〉名滝稲荷→〈13:30〉鶴ヶ城跡→〈14:20〉清水弘法堂→〈14:45〉土岐氏一日市場館跡

(画像は左から、天猷寺のハナノキ山門・中街道追分の道標・名滝稲荷境内の芝居小屋・鶴ヶ城跡です。)

4月12日、

「第1回・名松線沿線ええとこめぐり2」に出かけました。昨年夏、白山町川口で地元の夫婦が回国して納経した際の納経請取帳が発見された東光寺で、本尊薬師如来が32年ぶりに本開帳されるのに合わせて川口頓宮→東光寺→瀬古集会所と「ええとこ」4キロを歩きました。

東光寺では管理してみえる上野(かみの)区の皆さんによって飾られた幟や提灯が立ち並ぶ境内で、最初は女性・子供組、その後男性組に分けて「餅まき」が行われ、私は翌日の昼食分の餅をゲットすることが出来ました。

ところで東光寺から瀬古集会所へ向かう途中のJRの上野踏切、「うえの」とふりがながありました。

10:40〉白山総合支所10:55〉河口頓宮跡・川口城跡11:5512:45〉白山公民館13:0014:15〉東光寺14:30〉瀬古集会所15:15〉白山総合支所

(画像は左から、川口城跡・東光寺・東光寺で餅まき・瀬古集会所です。)

4月9日、

「第28回・北勢線の魅力を探る」の手伝いをしました。と言いましても列の後ろからついて行くので精一杯、借りた旗をリュックサックに立てているだけの手伝いでした。

麻生田駅をスタート、江戸時代の新田開発でできた集落や川筋にあって古くからの稲作地域の集落を訪ねて阿下喜駅まで約13キロのウォーキングで、途中、神社や寺に立ち寄ってご住職や地元の方から由緒などを教えて頂きました。貝野神社で説明して頂いた自治会長さんは、祭りを担ってきた独身男子が少なくなって10数年前に途絶した神事「おみおく練り」をいつか再開したいと熱っぽく話してみえました。

最後に訪問した勝泉寺は道筋に「勝泉寺のシダレ桜」の看板が立っている桜の名所です。今年は開花が遅くなったために境内のエドヒガン、散り始めながら十分楽しませて貰いました。本堂でお寺の話を聞かせて頂いたご住職、「この時期、桜の開花状況を尋ねる電話が切れ目なく掛かってきます。しかし、本業に差し障りがありますのでご返事しないようにしています。今日お立ち寄り頂きました皆さんは電話て照会しないようにして下さい。」とのことでした。

9:30〉麻生田駅10:00〉山郷小学校→〈10:15〉大辻神社→〈10:30〉梶清左衛門碑・神戸屋嘉助碑→〈11:05〉平野神社→〈11:35〉教昌寺→〈12:25〉波羅神社→〈13:00〉貝野神社→〈13:35〉勝泉寺→〈14:45〉阿下喜駅

(画像は左から、教昌寺手前のソメイヨシノ・貝野神社横公園のソメイヨシノ・勝泉寺境内のエドヒガン・同寺墓地のエドヒガンの桜四景です。)

4月2日、

下街道の2回目、武並駅〜釜戸駅間を歩きました。中央本線沿い一駅間の里道、電車に乗れば4分間の距離です。今回の参考書、愛知県教育委員会編『歴史の道調査報告書Y』の「遺跡・遺物」には何も載せられていません。ちなみにこの道、岐阜県教育委員会編の『歴史の道調査報告書』では「昔日の面影は一部を残すのみとなった」ので、武並駅の手前で分かれて南下して西進する多治見市笠原町までの脇道が紹介されています。

今回の掘り出し物は、東大島の津島神社で出会ったぎょろ目で団子鼻の狛犬。こちらは黄土色の彩色があるものの高さ50センチほどの陶製で、昨年末、北勢町某所で見た「応永8年(1401)」と刻んだ狛犬を思い出しました。

10:00〉武並駅10:20〉武並神社10:50〉いとう鶴酒造11:05〉妙見神社11:40〉宝珠寺12:50〉泥地蔵13:00〉秋葉辻灯籠13:25〉津島神社14:05〉釜戸駅

(画像は左から、いとう鶴酒造・宝珠寺・泥地蔵・津島神社です。)

3月26日、

三重の鉄道廃線跡を歩いていて地図に歩くコースが引けず断念していた伊勢電気鉄道の江戸橋駅から高田本山駅間の旧路線、今回、近鉄ハイキングの「旧伊勢鉄道廃線跡をめぐる」で歩くことが出来ました。

大正6年(1917)伊勢鉄道が津市駅から一身田町駅間を開通した時に江戸橋駅が開業、今回のハイキングは江戸橋駅開業100周年を記念して行われたもので、「拾う神あり」のこの廃線跡歩き、少々の雨に負けてはいられません。小粒ながらイギリス積みの煉瓦遺構をしげしげと眺め、ほくほくしながら5キロを歩きました。

9:40〉高田本山駅10:05〉横川橋脚跡10:25〉志登茂橋脚跡10:35〉水路橋脚跡A→10:45〉水路橋脚跡B→10:55〉一身田町駅跡11:05〉水路橋脚跡C→11:25〉自動車学校前11:40〉江戸橋駅

(画像は左から、横川橋脚跡・志登茂橋脚跡・水路橋脚跡B・一身田町駅跡です。)

3月24日、

今回の「なごやの道歩き」は既製品、H交通社の「名古屋ぶらり古地図ウォーキング」に参加しました。堀川まちづくりの会の辻さんのご案内で、地下鉄東別院駅東別院境内の下茶屋公園・東門・古渡城跡覚寺おためし場長栄寺栄国寺妙善寺日置神社西別院天寧寺七ツ寺冨士浅間神社柳下水浪越公園跡春日神社万松寺総見寺大光院北野神社大須観音と城下南の寺町をみっちりと4時間歩き回りました。

このウォーキングは全6回で次は「円頓寺・四間道界隈」、物忘れがひどくなった私には格好の復習になりそうです。

9:50〉東別院駅10:05〉東別院本堂10:25〉長栄寺10:50〉栄国寺11:05〉妙善寺11:20〉日置神社11:35〉西別院鐘楼12:05〉天寧寺12:1555〉西別院本堂13:15〉七ツ寺→〈13:30〉冨士浅間神社→〈13:40〉浪越公園跡→〈14:00〉春日神社→〈14:10〉万松寺→〈14:25〉総見寺→〈14:40〉紙貼地蔵→〈14:45〉大光寺→〈15:00〉北野神社→〈15:10〉大須観音

(画像は左から、東別院本堂・日置神社・西別院本堂・大須観音です。)

3月20日、

下街道は名古屋では善光寺街道とも呼ばれ、名古屋城下から東北に進んで春日井市から内津峠を越え、多治見市・土岐市を経て槙ヶ根の追分で中山道と合流して信州へ向かいます。今回、「なごやの道歩き」は下街道の1回目、恵那駅から武並駅を歩きました。生来の軟弱者、名古屋から恵那へ向かうよりも逆に歩いた方が下り道を歩くことになるのではという浅はかな考えで中山道を槙ヶ根追分に向かいました。しかし、新田で中央本線の「仲仙道踏切」を渡って中央自動車道の下をくぐると、中山道は西行の森まで延々上り坂でした。

ところで下街道の読み方。明治時代「下タ街道」と書かれ、また、槙ヶ根追分の説明板にも「中仙道を上街道といい、ここで分かれて下る道を下街道と呼んだ」とあるように「したかいどう」と読むのだろうが、武並町美濃の中央本線の第1下街道踏切には「だいいちしもかいどう」とふりがなが振ってありました。

10:15〉恵那駅→〈10:45〉西行硯水→〈11:00〉神明神社→〈11:25〉伝西行塚→〈11:55〉槙ヶ根一里塚跡→〈12:25〉槙ヶ根追分→〈12:50〉明治天皇竹折小休所→〈13:05〉竹折の石幢→〈13:40〉武並駅

(画像は左から、神明神社・伝西行塚・槙ヶ根追分・竹折の石幢です。)

3月17日、

四日市中日文化センターの「北勢地区のパワースポット巡り・仕事運UP」にふるさといなべ市の語り部の出口さんと一緒にご案内しました。

東員駅をスタート、役場の南にある社会福祉法人いずみのカフェレスト「くろがねもーち」で腹ごしらえをして、来月上げ馬と流鏑馬が行われる大社祭で有名な猪名部神社へ向かいました。神社の前で出口さんから古代の名工猪名部氏の名が地名の員弁に変わった由来や大社祭などを教えて頂きました。

次いで3代に亘って国会議員を務めた木村家の跡地に建てられた幽静館で展示された遺品などを見学、その後に訪ねた北大社車庫で金田さんから、北勢線が7編成の車両で運行していて、そのうちの1編成が常にここで修理点検が行われていること、3年に一度の検査で車両から外した台車をトラックで近鉄の塩浜工場へ運ぶことなどお聞きしました。私は現在点検されていた2色塗装の100周年記念車両が連結器ではなく、台車でつながっていることがビックリポンでした。

9:45〉東員駅10:00〉くろがねもーち10:50〉猪名部神社11:10〉幽静館11:55〉北勢線北大社車庫12:15〉東員駅

(画像は左から、くろがねもーち・猪名部神社・幽静館・北大社車庫です。)

3月5日、

「那古野・円頓寺商店街・四間道界隈まち歩き」の第4回に出かけました。3つの寺と2つの神社を参詣して円頓寺商店街→円頓寺本町商店街→西円頓寺商店街を巡って、昭和7年に創業した名古屋めしのもと豆味噌・溜の製造・販売業「山英商店」を訪ねました。

「山英商店」は堀川を使って運ばれた大豆などの原料を使って製造した豆味噌や溜の量り売りをしていましたが平成20年に廃業したため、今回は登録地域建造物資産に指定された建物の外観を拝観して帰りました。

なお、最後のご挨拶で柳田さんが「次回は堀川・新堀川・中川運河をたどるまち歩きを考えています」とおっしゃってみえました。

13:35〉ふれあい館13:50〉中村家屋根神様14:00〉専修寺14:10〉金刀比羅神社14:15〉円頓寺14:20〉多賀宮14:35〉電気鉄道の碑14:45〉山英商店

(画像は左から、中村家屋根神様・円頓寺・多賀宮・山英商店です。)

2月26日、

美里町から榊原町を歩きました。3年前、芸濃町から榊原町を歩く「榊原ウォーク」が荒天で中止になった3回目のコースで、榊原のMさんから地図を送って頂いて歩くことができました。ふだん歩く伊勢湾に流れる込む川沿いの街道歩きに比べ、南北に歩くコースが新鮮で、何時か榊原まで歩きたいと思っていました。

しかし、スタートの辰水神社と五百野の高宮神社の長い階段の上り下りで、地図には距離9.4キロとありましたが、気持ちは2割増し、ゴール間近の榊原を歩いていたら左足のふくらはぎが痛くなって足を引きずりながらバス停に着くことかできました。今日は山城駅から家までの距離の長かったこと

10:40〉辰水神社11:00〉明顕寺11:50〉高宮神社12:35〉吹上12:50〉上稲葉13:15〉いなば園前→〈13:40〉東山14:10〉不動堂14:20〉林性寺14:30〉射山神社→〈15:05〉榊原温泉郷おもてなし館

(画像は左から、辰水神社・高宮神社・吹上の道標・射山神社です。)

2月17日、

四日市中日文化センターの「北勢地区のパワースポット巡り、夫婦円満・金運・健康のよくばりUP」をお二人の桑名歴史案内人とご一緒に案内させて頂きました。桑名駅西口をスタート、照源寺の夫婦松、大福田寺の桑名聖天と三面大黒、何となく運気を感じる立坂神社などを訪ねて、英国館でサンドイッチのお昼を頂きました。

同行して頂いた西羽さんは、「今回の収穫は大福田寺と立坂神社の境内の湧き水です」と帰り際におっしゃってみえました。ひょっとして今年の「ぶらくわな」は桑名の自噴井を探るでしょうか?

9:05〉桑名駅西口→〈9:15〉照源寺→〈9:55〉大福田寺→〈10:45〉勧学寺→〈11:05〉善龍寺→〈11:15〉有王塚・俊寛塚→〈11:45〉立坂神社→〈12:05〉英国館

(画像は左から、照源寺夫婦松、大福田寺の聖天堂、勧学寺の本堂、立坂神社です。)

2月12日、

四間道界隈まち歩きの「泥江縣神社の境内の移り変わり」に出かけました。今回はふれあい館をスタート、桜橋天満橋錦橋納屋橋岩井橋と堀川を南下、途中、9世紀創建と伝わる泥江縣神社や洲崎神社、境内に船に乗った地蔵像がある光明院などに立ち寄り日置橋までと、オプションの松重閘門を歩きました。

ふだん私が一人で歩く時は時速2キロで移動しています。しかし、この「まち歩き」は時速6キロのスピードで次の見学場所へ向かいます。このギャップに耐えることができるのは、博学の柳田さんの軽妙な解説に引っ張られているせいだと思います。

13:35〉ふれあい館13:45〉桜橋13:50〉泥江縣神社14:00〉光明院14:15〉納屋橋14:25〉納屋橋堀割跡14:35〉愛知医学校跡→〈14:40〉洲崎神社→〈15:00〉岩井橋15:05〉日置橋15:15〉松重閘門

(画像は左から、泥江縣神社・光明院・納屋橋・岩井橋です。)

2月4日、

伊賀鉄道の廃線跡、伊賀神戸から近鉄桔梗が丘駅までを歩きました。とはいえ、伊賀神戸駅西の近鉄の築堤下をくぐって暫くして林に入ると線路跡はぬかるみになり、段々水量が増えて500メートルほど歩いたところで水浸しになって歩くことが出なくなりました。線路脇を歩こうとしても灌木や笹に遮られて前へ進めず断念して後戻り、普通の道を歩いて上庄田に向かいました。常夜燈の西で洗車中の男性に「この辺りの廃線跡は獣害対策のためフェンスで囲んであり、中に入り込んで進んでも新田の所には南京錠が掛かっていて行き止まりになる。」ことを教えて頂き、初瀬街道を歩いて新田に向かいました。

美旗用水の脇で畦の草を焼いていた男性(1951生まれ)に美旗新田駅の場所をお尋ねすると「貴人塚と車が走っている道との間にあった。名張の中学に通学していた時、ふだんは近鉄の美旗駅から通っていたが、間に合わなくなった時はあそこから電車に乗った。名張高校の学生は伊賀鉄道で通っていた。」ことを教えて頂きました。

その後、圃場整備で水田になって跡形もない廃線跡を想像しながら、小波田川の橋台や近鉄線の下のガードの数少ない遺跡を見て、西原の交差点から自動車が脇を疾駆する約500メートルの廃線跡をびくびくしながら歩いて桔梗が丘駅に到着しました。というわけで今回は約1キロの廃線跡歩きでした。

9:55〉伊賀神戸駅11:05〉上庄田常夜燈11:40〉新田の常夜燈12:15〉美旗新田駅跡12:45〉小波田川橋台13:05〉近鉄大阪線のガード13:45〉西原駅跡14:30〉桔梗が丘駅

(画像は左から、近鉄線築堤の下、美旗新田駅跡、小波田川の橋台、近鉄線のカードです。)

1月26日、

濃州道の3回目、東員町鳥取から桑名の三ツ矢橋を歩きました。この辺りは参考書なしで歩くことが出来、目新しいこともないだろうと思っていましたら、町屋川の堤防沿いの道が額田に入り、笹貝橋を渡って直ぐの所に堤防を越える水を遮蔽する板を留める2つの石が残っていました。近くで出会った私の同じ年頃の男性も「物心ついたときから使ったのを見たことがない」とおっしゃっていたし、さらに片側は堤を壊した時に取り除かれたらしく片方しかない無用の代物ですが、昨年歩いた東海道の縄生では取り外されていました。

馬道3丁目にある橋の長さ1.6メートルの「和合橋」の親柱と共に邪魔にならないこの手の無駄な建造物が天命を成就できるかどうか、とちょっと心配して通り過ぎました。

9:35〉鳥取塚10:00〉六把野地蔵堂10:20〉穴太徳碑10:30〉五反田大日堂10:45〉クロガネモチの木→〈11:10〉安渡寺→〈12:50〉在良駅前→〈13:10〉旧稗田前駅跡→〈13:45〉照林寺→〈14:20〉玉三稲荷→〈14:40〉善龍寺→〈15:00〉三ツ矢橋

(画像は左から、鳥取塚、五反田延命地蔵、笹貝橋近くの止水板仕切り石、三ツ矢橋です。)

1月22日、

四間道界隈まち歩きの第2回、「五條橋の移り変わりでみる那古野界隈」に出かけました。那古野一丁目まちづくり研究会の柳田さんのご案内で、那古野神社など神社や京町通と本町通りの老舗やマンションの裏手に立つムクノキの大木のようなレアな名所(?)を見学、途中、享保14年に将軍吉宗の献上される象が五條橋を渡った話なども織り交ぜ、札の辻までを歩きました。

一昨年、美濃路を歩いた時に分からなかった札の辻は名古屋の道のヘソ、私の今年のテーマは名古屋のみち歩き。今日、ヘソを教えて頂いたことで「春よ来い、早く来い」です。

13:30〉ふれあい館13:40〉弁慶湯跡→〈13:45〉五條橋→〈14:00〉椋の大木→〈14:05〉東照宮→〈14:10〉那古野神社→〈14:20〉茶屋新四郎宅跡→〈14:25〉本町通りの道標→〈14:40〉河文→〈14:50〉桜天神社→〈14:55〉高札場跡(札の辻)

(画像は左から、五條橋、那古野神社、河文、高札場跡です。)

1月9日、

4月9日(日)に開催する「第28回・北勢線の魅力を探る」のコースの下見を行いました。北勢線麻生田駅を出発して北上し、旧山郷村を縦断する行程を車で移動しながら、途中、神社や寺を訪問して「慶長十二年鋳之」とある喚鐘、樹高20メートル以上のコウヨウザン(広葉杉)や樹齢170年の枝垂れ桜を見て回りました。

しかし、標高差170メートル余の山里を約12キロ歩くこのコースがハード過ぎないかとの意見が出て、今月中にもう一度試歩を行ってコースを決めることになりました。

9:25〉麻生田駅9:35〉山郷小学校9:40〉梶清左衛門碑10:00〉馬冷池・茶屋跡10:20〉平野神社11:15〉教昌寺11:40〉波羅神社12:05〉貝野神社12:20〉宝林寺12:50〉勝泉寺13:1514:20〉レストランフーゲツ14:35〉北勢ライディングファーム15:00〉阿下喜駅

(画像は左から、平野神社・教昌寺・貝野神社・宝林寺のコウヨウザンです。)

 

1月6日、

みえの歴史街道ウォーキングマップを参考書にして濃州道の2回目、山口〜阿下喜間を歩きました。スタートの山口までは三岐線西藤原駅から巡見道を合流個所まで歩き、阿下喜へ着いて赤信号の交差点から西桑名駅行きの北勢線が駅を出るのが目に入ったので、三岐線の伊勢治田駅まで歩きましたのでひと月分を歩いた気持ちです、

出会う人の少ない街道歩きで、お話ししたのは山口で八幡神社の場所を教えて頂いた男性と日内で「三郷井水」を教えて頂いた女性のお二人だけでした。山口の八幡神社、境内のほとんどの建造物を寄附していたのが桑名にあった食品スーパーKの創業者Fさんだったので、そのことをお聞きすると「私の兄貴」。あと四方山話が続き、「多いとき、町内に60軒以上あった食料品店が今は4軒しかない」、「白瀬小学校の名前がなくなるのが寂しい」と話が湿っぽくなってきたので早々に退散しました。

9:40〉西藤原駅9:55〉鳴谷神社10:10〉敬善寺10:40〉善長寺11:20〉巡見道と合流個所11:30〉山口八幡神社12:00〉本郷社12:10〉本光寺12:55〉東泉寺13:05〉猪名部神社14:00〉日内御厨神明社14:20〉徳円寺14:30〉川合神社14:50〉下野尻春日神社15:05〉瀬木猪毛利谷神社15:20〉阿下喜大西神社15:35〉阿下喜駅

(画像は左から、山口・巡見道と合流個所、長尾・猪名部神社、日内・猪名部神社の鳥居、阿下喜・大西神社です。)

1月2日、

先月、春に行われる北勢線の魅力を探るのコース設定を案内して頂いた「ふるさといなべ市の語り部」のIさんに教えて頂いた濃州道の阿下喜〜鳥取間を歩きました。員弁の濃州道は始めて歩く道で、国道421号を付いたり離れたりしながら天気も上々のんびりと里道を歩くことができました。今回、歩いていて気になったこと4つ。

@三岐線伊勢治田駅から阿下喜に向かう途中、北勢町別名の「右阿下喜/左東せん寺道」の道標。20年以上前、最初に出会った時はブロック塀で裏側がよく見えなかったが、今回、改めて回ってみたら「セリ矢」の痕があった。

A阿下喜のだらだら坂、八幡祭の神輿の御旅所の道をはさんだ南側に「三重縣/砂利置場」と表にあるレンガ作りの囲い。「昔、坂道の補修に使う砂利が溜めてあった」とは、町外れの近藤さんのお話し。

B笠田新田の観音堂を過ぎて国道421号を横断する手前、田んぼに侵食されたものか道が極端に狭くなる。これでは大八車も通れない。

C大泉駅を右に見て国道421号を改めて横断し、戸上川の支流に架かる小橋を渡る。橋桁がガードレールの橋のたもとに「大谷橋」と刻まれた先代の橋の親柱が半ば地中に埋まっていた。このままではこの橋の名前が後世に伝わらないのではと、ちょっと心配。

9:40〉阿下喜駅9:50〉御旅所10:50〉北勢病院11:25〉昭電自治会館11:40〉山田橋12:05〉大聖不動明王堂12:50〉大泉新田観音堂→〈13:30〉大泉新田神明社→〈14:10〉戸上川茶屋橋→〈14:55〉鳥取塚→〈15:15〉東員駅

(画像は左から、別名の「右阿下喜」道標、御旅所前の砂利置場、笠田新田の濃州道、大谷橋です。)

12月16日、

四日市中日文化センターの「北勢地区のパワースポット巡り・収穫運UP」のお世話をさせて頂きました。北勢線大泉駅の西と東に鎮座する二つの大谷神社を参詣してゴールの駅隣にある「うりぼう」でそば打ちを体験するという講座で、道案内は「ふるさといなべ市の語り部」の樋口平和さんと藤田修士さんのお二人です。

大泉の大谷神社では樋口さんから標柱にある「延喜式」についての解説のあと、「昔、この神社は員弁川の対岸、大谷村に祀られていたが大洪水で村が流失したため、川の北側の高台に移住し、神社もこの地にあった春日神社に合祀した。」ことを教えて頂きました。最後にこの神社の長い参道の距離を答えるクイズが出題され、3人の方が「220メートル」と正解されました。

東一色の大谷神社に向かう道中、樋口さんから横を流れる農業用水が「六把野井水」といい、桑名藩初代藩主本多忠勝によって着工され、寛永年間に完成したこと。用水の勾配を測るために夜間に火を灯して員弁川の対岸から計測したこと。勾配のみで対応せず水路の幅に広狭を設けて水量に変化を付けていたこと。などなどを歩きながら聞かせて頂きました。

東一色の大谷神社では祭神の「ミズハノメノカミ」について、藤田さんから自筆の難しい漢字で説明して頂きました。さらにこの神社に伝わる蝦夷征伐のため東国に向かった藤原不比等の曾孫小黒麿が参詣したこと、拝殿の両側に祀られた左右大臣像についてお話しして頂きました。また、大泉の名の由来となった池に立ち寄って神社を後にしました。

大泉駅の隣の「うりぼう」で今年収穫した新そばでそば打ち体験をしました。語り部のお二人から見学地で詳細な説明をして頂いたこともあって「うりぼう」に到着したのが予定より30分ほど遅れましたが、ほめ上手の先生、「いと乃」ご夫妻に乗せられてそば打ちは順調に進んで1時間半ほどで終わり、早速、皆さんは手作りのそばを頂いて帰路につきました。

9:12〉西桑名駅9:43〉大泉駅10:00〉大泉大谷神社10:45〉東一色大谷神社11:3013:25〉「うりぼう」そば打ち体験13:56〉大泉駅14:26〉西桑名駅

(画像は左から、大泉大谷神社・六把野井水の横を歩く・東一色大谷神社・「うりぼう」そば打ち体験です。)

これまでの今日この頃  平成29年1月〜3月の今日この頃
 平成28年8月〜12月の今日この頃
 平成28年4月〜7月の今日この頃
 平成28年1月〜3月の今日この頃
 平成27年10月から12月の今日この頃
 平成27年7月〜9月の今日この頃
 平成27年4月〜6月の今日この頃
 平成27年1月〜3月の今日この頃
 平成26年9月〜12月の今日この頃 
 平成26年4月〜8月の今日この頃
 平成26年1月〜3月の今日この頃
 平成25年11月〜12月の今日この頃
 平成25年8月〜10月の今日この頃
 平成25年5月〜7月の今日この頃
 平成24年11月〜25年4月の今日この頃
 平成24年5月〜10月の今日この頃
 平成24年2月〜4月の今日この頃
 平成23年11月〜24年1月の今日この頃
 平成23年9月〜10月の今日この頃
 平成23年6月〜8月の今日この頃
 平成23年4月〜5月の今日この頃
 平成22年12月〜23年3月の今日この頃
 平成22年10月〜11月の今日この頃
 平成22年6月〜9月の今日この頃
 平成22年3月〜5月の今日この頃
 平成21年10月〜22年2月の今日この頃
 平成21年7月〜9月の今日この頃
 平成21年4月〜6月の今日この頃
 平成20年11月〜21年3月の今日この頃
 平成20年7月〜10月の今日この頃
 平成20年4月〜6月の今日この頃
 平成20年1月〜3月の今日この頃
 平成19年9月〜12月の今日この頃
 平成19年6月〜8月の今日この頃
 平成19年3月〜5月の今日この頃
 平成18年11月〜19年2月の今日この頃
 平成18年8月〜10月の今日この頃
 平成18年4月〜18年7月の今日この頃
 平成17年11月〜18年3月の今日この頃
 平成17年8月〜10月の今日この頃
 平成17年4月〜6月の今日この頃
 平成16年7月〜11月の今日この頃
 平成16年1月〜6月の今日この頃
 平成15年10月〜12月の今日この頃
 平成15年4月〜9月の今日この頃
 平成15年1月〜3月の今日この頃
 平成14年10月〜12月の今日この頃
 平成14年7月〜9月の今日この頃
 平成14年4月〜6月の今日この頃
 平成14年1月〜3月の今日この頃
 平成13年4月〜12月の今日この頃
 平成13年1月〜3月の今日この頃
 平成12年10月〜12月の今日この頃
 平成12年7月〜9月の今日この頃
 平成12年4月〜6月の今日この頃
 平成12年1月〜3月の今日この頃
 平成11年11月〜12月の今日この頃

ご意見・ご叱正は以下のE_Mailアドレスへどうぞ
kmi760@yahoo.co.jp

  ホームページへ戻る