なまえ  水 谷 一 夫 (みずたに かずお)
ところ  四日市市あさけが丘1丁目
生まれた年月  1943年3月
これまで  思い出したくないことばかり 思い出し
い ま  今日もまた ひねもす のたりのたりかな
これから  ボチボチと生きてゆきます 死ぬために
今日この頃

7月6日、

下街道歩きの7回目、今回は高蔵寺駅から内々神社までバスで出て多治見駅まで歩きました。内々神社から内津峠まではそれなりの登り坂、峠を過ぎると時々車が通るアスファルト道とはいえ、途中、早めの昼食もとれる山沿いの下り坂。しかし。国道19号に合流すると池田まで延々興趣のない側道歩きでした。

内津峠、たぶん、愛知県が建てた「内津峠」の案内板のところだと思いますが、「右廿原道、左江戸善光寺道」の道標を見逃しました。次回、内々神社から春日井に向かうときに再挑戦しようと思います。

10:10〉内々神社10:50〉内津峠10:55〉内津の馬頭観音→〈11:10〉林道滝ヶ洞線分岐→〈11:55〉国道19号富士見町バス停→〈12:20〉神明神社→〈12:30〉永泉寺→〈13:20〉池田町屋の常夜燈→〈13:35〉池田町屋の道標→〈14:10〉多治見駅

(画像は左から、内々神社・内津の馬頭観音・池田町屋の常夜燈・池田町屋の道標です。)

7月1日、

6月、桑員3町村の広報で合同特集した北勢線、その「広報くわな」で募集した東員駅周辺を歩く行事のお手伝いに出かけました。社会福祉法人いずみが運営する「くろがねもーち」で腹ごしらえをして、4月に渡来したアオバズクが抱卵している猪名部神社で宮司さんから毎年境内の大楠で産卵して育児するアオバズクや、当社が旧員弁郡最大の岡古墳から明和町の斎宮に至る東経136度57分の線上に位置することなど教えて頂きました。

北大社車庫では3ヶ月毎に点検修理されるために入庫している車両の下部を見せて頂き、塗り替えの際は車体のキズを鉄板でカバーしたり、既製品がないために手造りの部品で補修していることなど、車両のメンテナンスの苦労話を聞かせて頂きました。

9:10〉東員駅9:25〉くろがねもーち→〈10:10〉中部公園→〈10:25〉猪名部神社→〈11:05〉北大社車庫→〈12:00〉東員駅

(画像は左から、くろがねもーち・猪名部神社・アオバズク・北大社車庫です。)

6月22日、

なごやの道歩き、H交通社の名古屋ぶらり古地図ウォーキング、地下鉄の浅間町駅をスタートして西区の美濃路を庄内川まで歩きました。今回のガイドの堀川文化探索隊の伊藤さん、街道の南・北に脱線して案内して頂きました。

一昨年6月、那古野から清洲までの美濃路を歩いていましたがなにせ通り一遍、尾張藩重臣の志水甲斐守屋敷の車寄を明治初めに移築した大矢家の壮大な表門、今回のような行事に参加していなかったら目にすることがなかったでしょう。

9:50〉地下鉄浅間町駅10:10〉菊水観音10:35〉冨士浅間神社10:55〉朝日橋11:05〉鷹匠橋11:25〉林貞寺11:45〉樽屋町の大木戸12:1045〉味波押切店→〈12:50〉白山神社→〈13:20〉旧志水家の車寄→〈13:35〉観音寺→〈13:55〉八坂神社→〈14:20〉尾州殿茶屋跡→〈14:30〉八幡社→〈14:40〉清音寺→〈15:05〉黒體龍王大神社→〈15:20〉名鉄東枇杷島駅

(画像は左から、菊水観音・冨士浅間神社・旧志水家の車寄・八幡社です。)

6月11日、

下街道歩きの6回目、前回、途中で引き返した神明峠までバスで出て多治見駅まで歩きました。中山神明神社参道の坂道を下り、車の疾駆する国道19号の側道を小さくなって歩き、東町の交差点を朽ちた歩道橋で横断して出た県道421号では歩道のない峠道を車の邪魔にならないようにより小さくなって歩きました。

昼過ぎに多治見駅に着いたので、私の小さな楽しみ、小嶋博巳教授のデータベースに「以下不詳」とあるのを補てんするのが目的で、駅から歩いて行ける所にある廻国供養塔を訪ねました。3ヵ所で4つの供養塔に出会うことができましたが、精華町の道脇の塚上にあった2基の自然石の左側、砂岩の台石に彫られたこの碑の造立に助力したと思われる14人の同業者のうち9人の本貫と名前を読み取ることができませんでした。近頃、出てきた禁断症状をなだめるために会いに行ったのに、「全快」には暫く日にちがかかりそうです。

9:55〉神明峠バス停→〈10:05〉中山神明神社→〈10:35〉東町交差点→〈10:55〉生田川橋→〈11:05〉神明社→〈11:55〉中町の枡形→〈12:20〉多治見国長邸跡→〈12:50〉虎渓山道標前→〈13:00〉多治見駅

(画像は左から、神明社・大洞峠道標・多治見国長邸跡・虎渓山道標です。)

6月5日、

寝た子が起き出して鉄道廃線跡歩き、東濃鉄道駄知線を歩きました。

大正11年、駄知鉄道として一部開業し、2年後に蒸気動力により新土岐津〜東駄知間の全線が開通しました。昭和47年7月、豪雨に遭い土岐川橋梁が流失して営業停止、2年後に全線廃止となりました。

現在、廃線跡は駄知駅〜山神駅間の一部を除きアスファルト舗装されて歩行者・自転車専用道路となっていて、私の様な素人の廃線跡歩きでも迷うことなく完歩できましたが、山神の道路を跨ぐ橋台の石積みの他に目ぼしい遺跡に出会えなかったのが心残りでした。

11:10〉東駄知駅跡→〈11:15〉小川町駅跡→〈11:40〉駄知駅跡→〈12:2040〉猿投神社→〈12:45〉山神駅跡→〈13:50〉下石駅跡→〈14:40〉土岐口駅跡→〈14:55〉神明口駅跡→〈15:15〉新土岐駅跡→〈15:25〉JR土岐市駅

(画像は左から、駄知駅跡の旧車庫・山神の橋台・下石駅跡・土岐口駅〜神明口駅間の廃線跡です。)

6月2日、

なごやの道歩き、今回もH交通社の名古屋ぶらり古地図ウォーキング、高岳界隈を歩きました。地下鉄の高岳駅をスタート、この辺りは来たことがない全くの処女地と思って歩いていたら、昼頃、コンクリートの梵鐘が掛かったお寺の前に来て、昨年秋、桑名のSさんにご案内いただいたことを思い出しました。この調子で歩いていると、いつも新鮮な気分でウォーキングが楽しめそうですが、本当は余りよい傾向ではないのではとも思います。

佐野屋の辻で「善光寺道」の道標にも出会い、短い距離ながら下街道も歩いたことでネジを巻かれ、この頃、ちょっと引きずり気味の左足もシャキッとなりました。

9:45〉地下鉄高岳駅9:55〉東充寺(へちま薬師)→〈10:10〉西蓮寺→〈10:35〉法輪寺→〈11:15〉室寺観音院→〈11:25〉貞祖院→〈11:55〉佐野屋の辻・道標→〈12:20〉禅隆寺→〈12:5013:25〉太閤本店→〈13:30〉武家屋敷門→〈13:45〉熊野屋→〈14:25〉主税町教会→〈14:40〉旧豊田佐助邸→〈14:50〉撞木館→〈15:05〉大光寺→〈15:15〉高岳院

(画像は左から、貞祖院・禅隆寺・主税町教会・撞木館です。)

5月31日、

なごやの道歩き、H交通社の名古屋ぶらり古地図ウォーキング、本町・広小路界隈を歩きました。今回は辻さんのご案内でコースの前半の本町では、伊藤圭介や尾上梅幸の生誕地などレアな史跡を教えて頂き、午後は今までなんとなく通り過ぎた「広ぶらヒストリー」を説明して頂きながら広小路を歩きました。

長者町繊維問屋街の駐車場横の建物に掲げられた大きな看板に昭和30年代に活躍した名古屋人の似顔絵が描かれていましたが、名古屋不案内の私には「猫に小判」でした。

9:45〉地下鉄丸の内駅10:15〉那古野東照宮10:20〉那古野神社10:55〉少彦名神社11:50〉桜天神社12:10〉福生院12:3013:25〉長円寺会館13:55〉長者町繊維問屋街14:05〉広小路14;15〉朝日神社

(画像は左から、那古野東照宮・河文・福生院・長者町繊維問屋街です。)

5月28日、

下街道の5回目、土岐市駅から多治見との境、神明峠までを歩きました。近頃日常的に起きる物忘れで地図をリュックに入れずに土岐市駅に到着、駅前の観光案内所に置いてあった「下街道高山宿」の地図を貰って西へ歩きました。

途中、北町で交差する歩行者専用道に出会い、歩いていた女性に「この道は鉄道の跡ですか?」と伺うと「東濃鉄道の跡です」とのご返事。帰宅して調べたら駄知線の路線は10キロほどで今の私に頃合いの距離、宿題、有り難く頂戴します。

結局、中山神明神社まで案内図に載っている見どころを訪ねて土岐市駅に戻るという非効率な街道歩きでしたが、息をすることを忘れることを思えば忘れ物が地図でよしとしなければ

9:45〉土岐市駅10:00〉馬除場10:20〉熊野神社10:50〉十王堂11:00〉明治天皇駐蹕碑11:25〉中山神明神社12:25〉土岐市駅

(画像は左から、馬除場・十王堂・明治天皇駐蹕碑・中山神明神社です。)

5月5日、

下街道歩きの4回目、瑞浪駅から土岐市駅間を歩きました。瑞浪駅を出て県道352号を歩き始めてすぐ後ろから追いついてきた男性に「3つめの信号でしたね?」と質問される。どうも化石博物館へお出かけのようで「お先にどうぞ」とお別れした。なるほど、荒神塚古墳を見ての戻り道で2人の見学者とすれ違いました。

肥田橋を渡って右に曲がり込むと下街道の名所と題した小さい案内板があって下肥田と浅野の道標が記されていた。これは参考書には載っていないネタで下肥田は通り過ぎたが、浅野の公民館を探さないと思いながら暫く歩く。「浅野会館?前を通るから」という女性ととお会いでき、案内して頂いて「右いせみち/左みかわ」に出会うことができました。

道筋に「下街道・高山宿」と書かれた小型の高灯籠が並んでいる高山、慈徳院の本堂に向かって手を合わせていたら、ご住職が出てみえて本堂に招じ入れて頂きました。お寺の由緒や明治天皇が通られた時にこの寺の井戸水でお茶を点てて接待したことなどを聞かせて頂きました。私は境内に立っていた「六百萬遍供養碑」、これだけの数のカウントをどうやってしたのだろうと気になりました。

9:50〉瑞浪駅10:00〉白山神社10:25〉荒神塚古墳11:10〉吉備神社11:55〉土岐川和合橋12:35〉浅野の三本松12:50〉浅野会館13:10〉穴弘法13:25〉南宮神社14:00〉慈徳院14:25〉土岐市駅

(画像は左から、荒神塚古墳・吉備神社・浅野会館前の「右いせみち/左みかわ」道標・穴弘法です。)

5月3日、

昨日の中日新聞の運勢欄、ひつじ年に「聞くだけの学問でなく、体験学問で人間の成長あり」とありました。というわけで何とか退化を食い止めようと名古屋ぶらり古地図ウォーキングの3回目、熱田と宮界隈に出かけました。ガイドは前回に続いて話しの合いの手に「ごめんなさい」がよく入るIさん、今回、宮の渡し公園を出て旧魚半別邸への道が分からなくなりました。次回が楽しみです。

10:15〉名鉄神宮前駅10:35〉熱田神宮・信長塀10:50〉熱田神宮・お清水11:10〉一之御前神社11:20〉熱田神宮・本社拝殿→〈11:45〉南新宮社→〈12:00〉上知和朝神社→〈12:05〉八剣宮→〈12:15〉蔵福寺→〈12:20〉林桐葉宅跡→〈12:25〉円通寺→〈12:4013:40〉正覚寺→〈13:50〉裁断橋跡地→〈14:00〉鈴之御前社→〈14:05〉家康幽閉居所→〈14:30〉東海道道標→〈14:40〉赤本陣跡→〈14:50〉西浜御殿跡→〈14:55〉宮の渡し公園→〈15:05〉丹羽家住宅→〈15:15〉旧魚半別邸→〈15:20〉聖徳寺→〈15:40〉景清社→〈16:00〉地下鉄伝馬町駅

(画像は左から、南新宮社・林桐葉宅跡・裁断橋跡地・丹羽家住宅です。)

4月28日、

なごやの道歩き、今回も既製品でH交通社の名古屋ぶらり古地図ウォーキング。納屋橋から五條橋の間、堀川の西側を歩きました。コースは、昨年末、那古野1丁目まちづくり研究会さんに連れて行って頂いた所の復習で、この頃は4時間かけて6キロ歩く位で満足して帰れます。

9:45〉国際センター→〈9:55〉屋根神の小径→〈10:20〉白龍神社→〈11:10〉納屋橋・旧加藤商会ビル→〈11:45〉錦橋→〈12:05〉神明社→〈12:15〉光明院→〈12:25〉伝馬橋→〈12:35〉中橋→〈12:50〉五條橋→〈13:00〉円頓寺商店街→〈14:00〉円頓寺→〈14:40〉新町・明道町界隈→〈14:40〉隅田神社→〈15:15〉四間道界隈→〈15:30〉浅間神社→〈15:40〉国際センター

(画像は左から、白龍神社・光明院・明道町菓子問屋街・四間道倉庫群です。)

4月23日、

下街道の3回目、釜戸駅〜瑞浪駅間を歩きました。町屋の不動川を渡ってして左を見ると赤くさびた橋桁が目に入った。暫く歩いて天猷寺への曲がり角が分からず道脇でトラックに荷物を載せていた男性から国道19号の下をくぐる道を聞いて、ついでに「ひょっとして鉄道の廃線跡?」とお尋ねすると、昭和39年に廃線になった中央線の跡で、「交差点から右へ山の際を通る舗装道」で、瑞浪に向かっていたこと、「そこに信号があって信号待ちが長くなると近くの人は停車している列車から下りて家に帰った」ことを教えて頂きました。下街道はちょうど工事中で通行止め、八幡神社までの約300メートルは鉄道廃線跡歩きでした。

昼近くなって道の左手高台で大きな建物の屋根が見えたので、あそこで昼食をと思い登ってみると「名滝稲荷」の案内板に「舞台」とあって、幕末に建てられた村芝居の舞台と記されていました。(自信はないが)幅20メートル・奥行5メートルぐらいの建物で、床は板張りのがらんどう、天井はなく屋根裏の太い梁や桁が壮観でした。

9:55〉釜戸駅10:05〉愛宕辻灯籠10:25〉天猷寺10:45〉岩村街道分岐の聖号碑11:05〉釜戸地名発祥の地11:20〉中街道追分の道標11:45〉村堺の馬頭観音11:50〉名滝稲荷→〈13:30〉鶴ヶ城跡→〈14:20〉清水弘法堂→〈14:45〉土岐氏一日市場館跡

(画像は左から、天猷寺のハナノキ山門・中街道追分の道標・名滝稲荷境内の芝居小屋・鶴ヶ城跡です。)

4月12日、

「第1回・名松線沿線ええとこめぐり2」に出かけました。昨年夏、白山町川口で地元の夫婦が回国して納経した際の納経請取帳が発見された東光寺で、本尊薬師如来が32年ぶりに本開帳されるのに合わせて川口頓宮→東光寺→瀬古集会所と「ええとこ」4キロを歩きました。

東光寺では管理してみえる上野(かみの)区の皆さんによって飾られた幟や提灯が立ち並ぶ境内で、最初は女性・子供組、その後男性組に分けて「餅まき」が行われ、私は翌日の昼食分の餅をゲットすることが出来ました。

ところで東光寺から瀬古集会所へ向かう途中のJRの上野踏切、「うえの」とふりがながありました。

10:40〉白山総合支所10:55〉河口頓宮跡・川口城跡11:5512:45〉白山公民館13:0014:15〉東光寺14:30〉瀬古集会所15:15〉白山総合支所

(画像は左から、川口城跡・東光寺・東光寺で餅まき・瀬古集会所です。)

4月9日、

「第28回・北勢線の魅力を探る」の手伝いをしました。と言いましても列の後ろからついて行くので精一杯、借りた旗をリュックサックに立てているだけの手伝いでした。

麻生田駅をスタート、江戸時代の新田開発でできた集落や川筋にあって古くからの稲作地域の集落を訪ねて阿下喜駅まで約13キロのウォーキングで、途中、神社や寺に立ち寄ってご住職や地元の方から由緒などを教えて頂きました。貝野神社で説明して頂いた自治会長さんは、祭りを担ってきた独身男子が少なくなって10数年前に途絶した神事「おみおく練り」をいつか再開したいと熱っぽく話してみえました。

最後に訪問した勝泉寺は道筋に「勝泉寺のシダレ桜」の看板が立っている桜の名所です。今年は開花が遅くなったために境内のエドヒガン、散り始めながら十分楽しませて貰いました。本堂でお寺の話を聞かせて頂いたご住職、「この時期、桜の開花状況を尋ねる電話が切れ目なく掛かってきます。しかし、本業に差し障りがありますのでご返事しないようにしています。今日お立ち寄り頂きました皆さんは電話て照会しないようにして下さい。」とのことでした。

9:30〉麻生田駅10:00〉山郷小学校→〈10:15〉大辻神社→〈10:30〉梶清左衛門碑・神戸屋嘉助碑→〈11:05〉平野神社→〈11:35〉教昌寺→〈12:25〉波羅神社→〈13:00〉貝野神社→〈13:35〉勝泉寺→〈14:45〉阿下喜駅

(画像は左から、教昌寺手前のソメイヨシノ・貝野神社横公園のソメイヨシノ・勝泉寺境内のエドヒガン・同寺墓地のエドヒガンの桜四景です。)

4月2日、

下街道の2回目、武並駅〜釜戸駅間を歩きました。中央本線沿い一駅間の里道、電車に乗れば4分間の距離です。今回の参考書、愛知県教育委員会編『歴史の道調査報告書Y』の「遺跡・遺物」には何も載せられていません。ちなみにこの道、岐阜県教育委員会編の『歴史の道調査報告書』では「昔日の面影は一部を残すのみとなった」ので、武並駅の手前で分かれて南下して西進する多治見市笠原町までの脇道が紹介されています。

今回の掘り出し物は、東大島の津島神社で出会ったぎょろ目で団子鼻の狛犬。こちらは黄土色の彩色があるものの高さ50センチほどの陶製で、昨年末、北勢町某所で見た「応永8年(1401)」と刻んだ狛犬を思い出しました。

10:00〉武並駅10:20〉武並神社10:50〉いとう鶴酒造11:05〉妙見神社11:40〉宝珠寺12:50〉泥地蔵13:00〉秋葉辻灯籠13:25〉津島神社14:05〉釜戸駅

(画像は左から、いとう鶴酒造・宝珠寺・泥地蔵・津島神社です。)

3月26日、

三重の鉄道廃線跡を歩いていて地図に歩くコースが引けず断念していた伊勢電気鉄道の江戸橋駅から高田本山駅間の旧路線、今回、近鉄ハイキングの「旧伊勢鉄道廃線跡をめぐる」で歩くことが出来ました。

大正6年(1917)伊勢鉄道が津市駅から一身田町駅間を開通した時に江戸橋駅が開業、今回のハイキングは江戸橋駅開業100周年を記念して行われたもので、「拾う神あり」のこの廃線跡歩き、少々の雨に負けてはいられません。小粒ながらイギリス積みの煉瓦遺構をしげしげと眺め、ほくほくしながら5キロを歩きました。

9:40〉高田本山駅10:05〉横川橋脚跡10:25〉志登茂橋脚跡10:35〉水路橋脚跡A→10:45〉水路橋脚跡B→10:55〉一身田町駅跡11:05〉水路橋脚跡C→11:25〉自動車学校前11:40〉江戸橋駅

(画像は左から、横川橋脚跡・志登茂橋脚跡・水路橋脚跡B・一身田町駅跡です。)

これまでの今日この頃  平成29年1月〜3月の今日この頃
 平成28年8月〜12月の今日この頃
 平成28年4月〜7月の今日この頃
 平成28年1月〜3月の今日この頃
 平成27年10月から12月の今日この頃
 平成27年7月〜9月の今日この頃
 平成27年4月〜6月の今日この頃
 平成27年1月〜3月の今日この頃
 平成26年9月〜12月の今日この頃 
 平成26年4月〜8月の今日この頃
 平成26年1月〜3月の今日この頃
 平成25年11月〜12月の今日この頃
 平成25年8月〜10月の今日この頃
 平成25年5月〜7月の今日この頃
 平成24年11月〜25年4月の今日この頃
 平成24年5月〜10月の今日この頃
 平成24年2月〜4月の今日この頃
 平成23年11月〜24年1月の今日この頃
 平成23年9月〜10月の今日この頃
 平成23年6月〜8月の今日この頃
 平成23年4月〜5月の今日この頃
 平成22年12月〜23年3月の今日この頃
 平成22年10月〜11月の今日この頃
 平成22年6月〜9月の今日この頃
 平成22年3月〜5月の今日この頃
 平成21年10月〜22年2月の今日この頃
 平成21年7月〜9月の今日この頃
 平成21年4月〜6月の今日この頃
 平成20年11月〜21年3月の今日この頃
 平成20年7月〜10月の今日この頃
 平成20年4月〜6月の今日この頃
 平成20年1月〜3月の今日この頃
 平成19年9月〜12月の今日この頃
 平成19年6月〜8月の今日この頃
 平成19年3月〜5月の今日この頃
 平成18年11月〜19年2月の今日この頃
 平成18年8月〜10月の今日この頃
 平成18年4月〜18年7月の今日この頃
 平成17年11月〜18年3月の今日この頃
 平成17年8月〜10月の今日この頃
 平成17年4月〜6月の今日この頃
 平成16年7月〜11月の今日この頃
 平成16年1月〜6月の今日この頃
 平成15年10月〜12月の今日この頃
 平成15年4月〜9月の今日この頃
 平成15年1月〜3月の今日この頃
 平成14年10月〜12月の今日この頃
 平成14年7月〜9月の今日この頃
 平成14年4月〜6月の今日この頃
 平成14年1月〜3月の今日この頃
 平成13年4月〜12月の今日この頃
 平成13年1月〜3月の今日この頃
 平成12年10月〜12月の今日この頃
 平成12年7月〜9月の今日この頃
 平成12年4月〜6月の今日この頃
 平成12年1月〜3月の今日この頃
 平成11年11月〜12月の今日この頃

ご意見・ご叱正は以下のE_Mailアドレスへどうぞ
kmi760@yahoo.co.jp

  ホームページへ戻る