東西南北と右・左 

道標の目的は、旅びとたちにどの方向を目指せば目的の行き先に達するか、今、自分の立つ位置が目的に対してどこに位置するかを教えることにある。

さて、道標の方向表示には、「東西南北型」と「すぐ・右・左型」があり、右・左型の文字に代えての「指さし」、「矢印」の方法がある。

「東西南北型」は角柱型道標に多く見られ、方角を示し、その下に行き先の地名などを陰刻する。「すぐ・右・左型」は、辻にきた旅びとの行き先を右、左へと教える。また、「すぐ」とあるのは、「行き先はすぐ近く」を教えるのではなく、真っ直ぐに進む道の行き先を教えているのである。(『神戸の道標』より)

さて、道標の行き先の教え方の「東西南北型」と「右・左・すぐ型」、(家庭や学校、職場などの)教育の方法について解くカギになりそうだが、いまの私の力ではうまく説明が出来ない。

 

桑名市の道標

多度町の道標

長島町の道標

朝日町の道標

楠町の道標

里程標・領界石ほか

桑名の道標一覧

 

参考及び引用させて頂いた主な書籍

歴史の道調査報告書、濃州道・美濃街道・東海道 三重県教育委員会
三重県の地名 日本歴史地名体系・第24巻
桑名市史・本編、補編 桑名市教育委員会
四日市市史・第6巻 四日市市
長島町誌・下巻 長島町教育委員会
三重県郷土史 大西源一
伊勢大神楽 鈴木武司
志るべ石・桑名史跡めぐり 桑名市教育委員会
桑名歴史散歩 西羽 晃
多度町の民俗 中京大学民俗学研究会
ふるさと日永・日永郷土史 日永郷土史研究会
日本神祇由来事典 川口謙二
日本石仏事典 庚申懇話会編
勢陽五鈴遺響 三重県郷土史料刊行会
神戸の道標 山下道雄・沢田幸男・永瀬 巌

位置図は、国土地理院の5万分の1地形図「桑名」を使用して作成しました。