title-inabe.gif (3395 バイト)
契 機 (きっかけ

道標の発生について、木村至宏氏の『近江の道標』は、宿駅の整備が進み、庶民の経済力が向上して行商、参詣、巡礼の旅が浸透していく江戸時代とする。庶民が集落を離れて自由に旅することができるようになるに伴い、道案内としての道標が必要とされ、さらに江戸後期、幕藩体制の基盤に揺らぎを見せ始めた文化・文政期にその数は飛躍的に増えたと述べる。

   私が道標を訪ねるきっかけとなったのは、勤務先が大須にあった頃、立ち寄った古書店の店先で見かけたこの『近江の道標』。滋賀県全域にわたる道標、450本余りの数もさることながら、表紙見開きに載せられた坂田郡米原町に立つ「右 中山道 左 北陸道」の、モノクロの写真である。雪解け道にやや左に傾いた道標の後ろは「商人宿」の看板の掲げた二階屋、かき寄せられた雪を足下に、今は誰も見向きもしないであろうが、役割を終えた満足感からか威風堂々と立っている。

   私自身の来し方を思い、行く末、どのような姿で立っていられるか。ひょっとして立っている場所すらないのではと思い、何か一つでもと、ひとつを「道標」に定めた次第。運転免許を持たない私は、自転車で藤原町古田から楠へと巡り、一区切りとして、ホームページを作成した。


東員町の道標

員弁町の道標

大安町の道標

北勢町の道標

藤原町の道標

一  覧


参考並びに引用させていただいた主な文献
歴史の道調査報告書・濃州道 三重県教育委員会
東員町史  上・下巻 東員町教育委員会
員弁町史 員弁町教育委員会
大安町史 大安町教育委員会
北勢町風土記 北勢町教育委員会
員弁史談・補編 近藤  實
藤原史話・第5輯 近藤  實
三重菰野歴史こばなし・第4集 菰野町役場
伊勢名勝志 宮内 黙蔵
三重県の特殊神事 長谷川 利市
勢陽五鈴遺響 三重県郷土史料刊行会
勢陽雑記 三重県郷土史料刊行会
位置図は国土地理院の5万分の1地形図、桑名・津島・御在所山・彦根東部を使用して作成しました。