title-yokkaichi.gif (3566 バイト)

道 ( み ち )

“みち”という字を漢字で表現する場合には、ふつう「道」が用いられるが、この他に“こみち”や“ほそみち”を表す「径」、ひとの往来する「路」などがある。

「道」という字の語源について、諸橋轍治の『大漢和辞典』は、「首」と「しんにょう」の合字。「首」は人のからだの頂上にあるもの。即ち行き着くところの意味を示し、「しんにょう」はゆくの意。二字を合して歩行のみち、殊にひとすじみちの義を表す」という。さらに続けて「引伸ばして汎く道徳などのみちの義に用いる」とある。

道はもともと、足で歩くものである。路という字は、ひとが足で往来することにちなんだものだ。かって、自然とともにあった“みち”も、環境の破壊が進行する中で、次第に姿を消した。けものの径(みち)はひとと車に追われ、それは径ばかりではなく、けものの命をも奪ってしまった。

いま、車道本位の時代となって人道は二の次となり、ひとの歩く道も失われていく。ひとはつかの間の便利さ、一時の経済的得失のために狭い道に車を疾走させる。そればひとを疎外して突き進み、ひとの道は喪失する。

江戸時代から行商や巡礼、参詣者など旅をゆく人々に便宜を図り、ひとが歩く道には必要であったたくさんの道標は、今は見向きもされずに壊され、引き抜かれてどこかへ行ってしまった。


保々地区

下野・八郷・大矢知

富田地区

羽津・海蔵地区

県地区

三重地区

神前地区

川島地区

桜地区

中部・常磐地区

日永地区

四郷・内部地区

塩浜・河原田地区

小山田地区

水沢地区

一 覧

参考及び引用させていただいた文献

歴史の道調査報告書(八風道・巡見道) 三重県教育委員会
歴史の道調査報告書(伊勢街道) 三重県教育委員会
四日市市史(昭和五年版) 四日市市教育会
四日市市史研究・第3号 四日市市
四日市市史編さん調査報告書・水沢三本松町の民俗 四日市市
四日市市史編さん調査報告書・川島町の民俗 四日市市
よっかいち歴史と文化財散歩 四日市郷土史研究会
郷土の文化遺産ー四日市の指定文化財と地域の祭りー 四日市郷土史研究会
ふるさとのすがた・三重村郷土史(第2集) 三重地区郷土史編さん会
ふるさと日永・日永郷土史 日永郷土史研究会
水沢小学校百周年記念誌 四日市市立水沢小学校
三重県紳士録・大正4年刊 服部英雄
勢陽雑記 三重県郷土資料刊行会
勢陽五鈴遺響 三重県郷土資料刊行会
角川日本地名大辞典ー24・三重県ー 角川日本地名大辞典編纂委員会