titlekomono.gif (3110 バイト)

道 標 (どうひょう)

 現在、社寺の門前や路傍に残っている石造物に「道標」(道しるべ)がある。

 これには道案内を主体したものと、他の目的で立てた石仏・石塔類に道案内の銘文を併記したものとがある。前者がいわゆる「道標」で、後者が「道標銘」である。「道標」にも単に道案内のために立てたものと、道案内を立てることによって功徳を得ようとする信仰心によって立てられたものとがある。(中略)

 このように道標が宗教と結びつくのは、わが国の場合「道」という言葉が単に道路だけの意でなく、道徳的な意味を持っている場合があるためであろう。(中略)

 人を道案内するということを目的とした道標を立てることによって宗教的な満足感を得たのも、仏教における供養の考え方の中に、造塔することによって功徳を得られるとする考え方が強かった時代があったことの反映である。 (『日本石仏事典第二版』より)

 さて、菰野町。西は鈴鹿の山並みを分けてたどる峠道を越えて近江の国へ通じ、南北に町中を昔の公道ー巡見街道が縦断する。また、尾高観音、福王の毘沙門天など古くから庶民の信仰を集めた社寺も残り、遊山、湯治の場として湯の山温泉もある。

 多彩な道標が残っているこの地の道標を訪ねてみたい。


菰野地区

千種地区

朝上地区

朝上地区の町石

竹永地区

鵜川原地区

湯の山

一  覧

参考及び引用させていただいた主な文献

歴史の道調査報告書(八風道・菰野道・巡見道・鈴鹿の峠道) 三重県教育委員会
勢陽五鈴遺響 三重県郷土資料刊行会
菰野町史(上巻) 菰野町
こものものがたり第三集 菰野町
こものものがたり菰野百夜話 菰野町

位置図は国土地理院の五万分の一地形図 「御在所山」・「亀山」・「桑名」・「四日市」を使用しました。