第8番.     

寺 号 岡寺山継松寺(おかでらさんけいしょうじ)

    真言宗

本 尊 如意輪観世音菩薩

所在地 〒515-0083 松阪市中町1952

電 話 (0598)21−0965

住 職 柏 木 弘 雄

岡寺山継松寺 松坂市中に有り。城中大手の艮の方、今の観音堂四間半に四間にて、初午には毎年隣郡の参詣者貴賤群衆する事限りなし。

ご詠歌 松の音に偲ぶたたずまい祈りの煙今日もたなびく(『勢陽雑記』より)

寺伝によれば、天平15年(743)聖武天皇が行基に命じて、飯高郡石津郷(現松阪市)に一寺を建てて、如意輪観音を安置したのをこの寺の創始とします。天皇は厄年に際して、行基の勧めに応じて観音像を宮中に迎えて供養し、祈願を込めた後、行基に命じて伽藍の造営を行わせて、如意輪院の勅額を下賜されたと伝え、これをもって本邦の厄除観音の嚆矢とされています。

また、延暦21年(802)弘法大師が逗留し、その際、不動明王と毘沙門天を刻み、本尊の両脇士としました。

本尊の如意輪観音について、その昔、度会郡二見の漁師、三津五郎右衛門正信は殺生を業とすることを恥じて心を改め、毎月観音菩薩を念じて伊勢神宮へ参詣していました。ある日、立石の浜を歩いていたとき、波に乗った仏像が流れているのを見つけ、家に持ち帰り日々篤く信仰していました。

ある夜、弁財天女の化身した老人が現れて、正信の信仰する仏を、南西の方角にある霊地、石津郷の思寺山に祀るように。と言い残して立ち去りました。早速、その告知に従い、思寺山に一堂を建て、本尊としました。のち、正信は出家して継松法印と称し、寺を継松寺、また、如意輪院と号したとも伝えています。

その後、治承元年(1177)義楚が本堂を建立、寛元年間(1243〜47)堯円は本堂を再建しました。正応5年(1292)江州の人、岡山右京亮行武は浄財を募り、本堂・大日堂・山門を再建し、思寺山(おもいじさん)の山号も、願主岡山の一字を取り、岡寺と改めました。

天正年間(1573〜92)蒲生氏郷が松ヶ島城を松坂へ移すにあたり、中興開山政算(寛永3年寂)は現在の寺地を拝領し、石津にあった諸堂を移転し、慶長18年(1613)本堂を再建しました。

その後も寛永5年(1628)書院を、寛永16年(1639)本堂前に金燈籠を建て、梵鐘及び鐘楼を造立しました。寛文12年(1672)快巌(享保元年寂)は本堂を七間四面の四柱造りと改築し、貞享元年(1684)本堂・表門・護摩堂を建立した。寛保4年(1744)には快真がその8年前に焼失した表門を再建し、中興快磐は宝暦4年(1754)に手洗石を作り、宝暦10年(1760)大師堂(御影堂)建立、明和7年(1770)本堂を再興しています。さらに翌8年には池大雅が来遊して数々の遺品を残しています。

当山は三重四国八十八か所第81番霊場、東海新西国三十三か所第20番霊場、東海三十六不動尊第26番霊場となっています。

1月1日   新年祈祷会

2月節分の日 節分星祭祈祷会

3月初午の日前後3日間 厄除大祈祷会(初午大祭)

3月2午の日 二午祭

8月9日   四万六千日会式

毎月1日・18日 本尊御縁日


岡寺山継松寺の公式ホームページは こちら をクリックして下さい。

第8番、継松寺の地図は、  をクリックしてください。

継松寺の本堂へ   第7番、宝林寺へ