第15番、光         ― 岡 波 ―

山号寺名 小御堂山光福寺(こみどうざんこうふくじ)

      真言宗豊山派

      阿弥陀如来

      518-0106  上野市岡波1020

電話番号  (0595)37−0929

           

慶長の頃(1596〜1615)、この地から東の山中に阿弥陀如来を安置する小さなお堂がありました。ある時のこと、毎夜、東の空にあたかも月の出の光明によく似た怪異な光が見られ、不思議に思った村人たちがその光の源を訪ねてみると、小堂に安置された阿弥陀仏から発せられた光明でした。この霊験に感じ入った村の人たちは寺を建立し、この仏を本尊として迎えて安置しました。これが当寺の創起の話です。

大正4年に新那智山観音寺から十一面観世音菩薩の御分身を拝受し、伊賀準西国の札所となり、また、本堂の西には四国第19番札所立江寺の立江地蔵尊を安置され、子育て、息災延命、所願成就の厚い信仰を集めています。

なお、当寺は伊賀四国八十八か所の第8番札所です。


第15番、光福寺の位置図は  をクリックして下さい。

第16番、常福寺へ    第14番、滝仙寺へ