八鬼山越えの町石(その4−1)

八鬼山町石

昭和43年市有形民俗資料指定、所在・尾鷲市矢浜より八鬼山三木峠に至る登山道33体
町石は当初50体あったと思われるが、長年の風雪で損傷し現存するものは33体である。それも完全な形をしているものは10体で、一部破損しているもの15体、損傷の甚だしいもの8体である。
町石のうち何丁と里程の判読できるものは19体、奉納者の住所(伊勢山田)の判読できるもの25体、また年代の判読できるものは11体である。
町石33体のうち32体までは、天正年間に建立された地蔵尊で、石質も硬砂岩を用いており、建立者は伊勢山田の御師や僧侶たちである。これらの御師は伊勢神宮と民衆の仲立ちとして、伊勢信仰を広めた人たちである。この御師はもともと熊野三山から伊勢神宮へと発展したもので、伊勢と熊野の関係は深く、この中間に位置する八鬼山荒神は、那智一番札所の前札として有名で、江戸期の中頃、享和・文化年代には、年間2万3千人の順礼が通行したと、熊野年代記に書かれている。
町石のうち永禄9年(1566)のものは、伊勢内宮清順上人菩提のための建立で、石質も緑色硬砂岩であり、不動明王が刻まれている。長年の風雨で損傷が甚だしく、一見して千手観音の如く見え、『尾鷲市史・上巻』には千手観音としたが、この手のように見えるのは実は炎で、不動明王である。同じく清順上人菩提の常声寺境内の毘沙門天石像と共に、当時の修験者によって建立されたものであろう。この永禄9年のものは、尾鷲市における最古の記年のある石造物である。
三十八町の町石を例にとると、全長76センチ、地蔵尊身長40センチ、石幅36センチあるが、それよりわずかに短身のものが多い。紀州藩では宝暦5年(1755)熊野街道にある町石を粗末にせぬよう達しているし、現在でも矢浜・向井一部住民の信仰の対象となっている。昭和43年5月27日、市有形民俗資料として指定された。(昭和46・5・3発行『尾鷲市史・下巻』より)

27.





28.天正十七年


いせ河崎

…三汗己丑八月十五…


(向かって右から27・28・29です)

29.四十八町



四十八丁河崎□宮太郎

己丑八月十五日



(画像をクリックするとやや大きめの
画像がご覧になれます)

 八鬼山越えの町石(その4−2)へ

 八鬼山越えの町石(その3−4)へ