八鬼山越えの町石(その1−2)

2.清順上人供養碑



伊勢内宮清順上人為頓証菩提也

永禄九年四月三日

伊勢内宮清順上人供養碑

この碑は「石像不動明王立像」である。光背の向かって右に「伊勢内宮清順上人為頓証菩提也」、左に「永禄九年四月三日」と刻まれている。
戦国時代、20年に一度の遷宮が、長きにわたり行われず、伊勢神宮は朽ち果てて想像以上の荒れようであった。
これを見て心を痛めた尼僧、清順は諸国を勧進して浄財を募り、宇治橋を復興し、永禄6年(1563)には、外宮の造営と遷宮を苦労して成し遂げた。続いて内宮の遷宮を計画したが、大望を果たせず、永禄9年(1566)4月3日、他界した。
諸説に、清順上人は三重県紀和町入鹿の出身ともいわれ、伊勢と紀州を何度も往復し、尾鷲市の常声寺(じょうせいじ)に逗留して、当地方を勧進したといわれている。
この碑は、清順上人の徳をしたい、その菩提のために立てた供養碑である。

昭和53年(1978)2月6日 三重県有形民俗文化財(信仰)指定

3.十一町





十一丁□□

4.十九町



十九丁

十月十五日


(画像をクリックすると大きめの画像が
ご覧になれます)

5.



いせ大見なと大田十衛門尉

林勝昌栄信女



(画像をクリックすると大きめの画像が
ご覧になれます)

 八鬼山越えの町石(その1−3)へ

 八鬼山越えの町石(その1−1)へ