八鬼山越えの町石(その3−1)

「蓮華石」と「烏帽子石」

ここに、二つの大きな石がある。
手前の平たい石を「蓮華石」、後方の縦長の石を「烏帽子石」と呼んでいる。
石の形が、蓮華(ハスの花)と烏帽子によく似ていることから、この“名”が付いたらしい。

江戸時代後期、文化7年(1810)正月4日、同行7人でここを通行した巡礼のひとり、小沢平助(現・福島県喜多方市塩川町)は、その日の道中日記に、

四十八丁ほど登り、右脇に蓮華石、烏帽子石あり、峠に茶屋あり

と記している。

また、蓮華石を“すり鉢”、烏帽子石を“すりこぎ”に見立てて、これを「女石」、「男石」と呼んでいる。
「蓮華石」は、八鬼山道の“道しる”になった「しる石」で、この付近の地名(小字)にもなっている。

19.三十九町



いせ山田船江泉正

三十九町



(画像をクリックすると大きめの画像が
ご覧になれます)

20.四十町



いせ山田舟江恕運清元心化

四十町 永心春雪宗資浄性



(画像をクリックすると大きめの画像が
ご覧になれます)

 八鬼山越えの町石(その3−2)へ

 八鬼山越えの町石(その2−3)へ