八鬼山越えの町石(その2−1)

八鬼山の「町石」

「町石
(ちょうせき)」は丁石とも書き、道ばたに立てて1町ごとに道程(みちのり)を記した石。すなわち、1町ごとに立てた道標である。

この「町石」は、ふもとの矢浜を起点にして、八鬼山の山頂(標高627メートル)までの50町に50体、1町ごとに立てられたと考えられる。現存するのは33体ですべて地蔵尊である。
この町石を奉納したのは、今から400年以上も昔、天正年間(1573〜1591)伊勢山田の御師(おんし・伊勢神宮と民衆の仲立ちをして伊勢信仰を広めた人たち)をはじめ、伊勢大湊の富商(回船問屋衆)などである。
この町石には、戦国時代、戦乱の世にもめげず、遠く伊勢の地から奉納した人々の真摯な思いが刻まれている。

昭和53年(1978)2月6日 三重県有形民俗文化財(信仰)指定


八鬼山の町石一覧
(昭和四六年五月三日発行『尾鷲市史・下巻』より)

番号

向かって右

向かって左

町数

年 代

備 考

 

 大湊大田十衛門尉

 十五町妙秀丙戌九月十八日

 一五町

 天正一四年

 

 

 伊勢内宮清順上人為頓証菩提也

 永禄九年四月三日

 

 永禄九年

 

 

 

 十一丁□□

 一一町

 

 

 

  十九丁

 十月十五日

 一九町

 

 

 

 いせ大見なと大田十衛門尉

 林勝昌栄信女

 

 

 

 

 妙慶禅定尼

 四年八月三日

 

 天正一四年

 

 

 いせ山田下馬所小法や山

 卅三丁七郎衛門内二人

 三三町

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 □□□彦蔵

 川崎□□□

 

 

 

 10

 三十九丁いせ与兵衛門慶宗

 釈妙法御くま

 三九町

 

 一里塚

 11

 川崎与三□□

 

 

 

 

 12

 いせ山田下座吉兵衛

 卅五町

 三五町

 

 

 13

 いせ山田下馬所福田九衛門

 三十七丁

 三七町

 

 

 14

 伊勢山田村山武斎

 天正十七己丑小月十二日

 

 天正一七年

 

 15

 伊勢山田有田椿叟太夫

 年正月吉日

 

 

 

 16

 船江十二人ノ内

 十七年六月廿四日

 

 天正一七年

 

 17

 三十八丁 伊勢山田岡本町源太夫

 天正十七年己丑

 三八町

 天正一七年

 

 18

 山田舟江之郷□□

 □□弥平次彦右衛門

 

 

 荒神堂

 19

 世義寺

 辛卯三月廿五日

 

 天正一九年

 荒神堂

 20

 いせ山田船江泉正

 三十九町

 三九町

 

 蓮華石

 21

 いせ山田舟江恕運清元心化

 四十町 永心春雪宗資浄性

 四〇町

 

 蓮華石

 22

 四十一町 いせ山田大路

 元真四月十七日

 四一町

 

 九木峠

 23

 四十二丁 いせ河崎

 小内田三郎衛門

 四二町

 

 九木峠

 24

 四十四町いせ山田大路

 元清選修己丑

 四四町

 天正一七年

 

 25

 山田二□□

 八月吉辰光永□□

 

 

 

 26

 山田大路□□

 四十六丁

 四六町

 

 

 27

 四十七丁

 

 四七町

 

 

 28

 

 

 

 

 

 29

 いせ河崎

 …三汗己丑八月十五

 

 天正一七年

 

 30

 四十八丁河崎□宮太郎

 己丑八月十五日

 四八町

 天正一七年

 

 31

 

 

 

 

 

 32

 伊勢山田川崎世古伊三郎□

 九丁 山田中山加兵衛

 四九町

 

 三木峠

 33

 五十町伊勢山田岩渕徳衛門内

 戊丑八月吉辰妙樹禅尼

 五〇町

 天正一七年

 三木峠

11.河崎



□□河崎与三




(画像をクリックすると大きめの画像が
ご覧になれます)

12.三十五町



いせ山田下座吉兵衛

卅五町



(画像をクリックすると大きめの画像が
ご覧になれます)
 

 八鬼山越えの町石(その2−2)へ

 八鬼山越えの町石(その1−4)へ