八鬼山越えの町石(その1−1)

熊野古道「八鬼山道」

熊野古道(熊野街道)

平安時代の後期(12世紀)には、既に開かれていた。熊野へ至る道は「紀伊路」と「伊勢路」の二大ルートがあった。
伊勢から熊野を目指す三重県側の熊野古道「伊勢路」は、熊野詣でや西国三十三カ所巡礼に代表される庶民の「信仰の道」として発達した。
江戸時代に入り、元和5年(1619)徳川御三家として、徳川頼宣が初代紀州藩主になると、藩政の諸政策を進め、寛永12年(1635)には、和歌山から新宮までの紀伊路を延長編入し、一貫した「熊野街道」として大いに整備した。
三重県側の熊野街道は、伊勢から熊野三山【熊野速玉大社・熊野那智大社・熊野本宮大社】へ向かうときは、八鬼山越えの「熊野道」とか「巡礼道」などと呼び、逆に、同じ道を伊勢へ向かうときは「伊勢道」と呼んだ。
この道は、伊勢参宮を終えて西国三十三カ所第一番札所、那智山青岸渡寺へ向かう巡礼者が、最盛期には、年間数万人通行した。道中には急峻な峠越えの連続と渡河の難所が待ち受け、行き倒れたり、水難で命を落とす者も多く「広大慈悲の道」は、また「非情の道」にもなった。
明治になって、熊野街道の路線変更や新道の開通、昭和に入り、鉄道や新国道の開通などで、江戸期以前の熊野街道の峠道は次第に荒廃した。

1.十五町



大湊大田十衛門尉

十五町妙秀丙戌九月十八日



(画像をクリックすると大きめの画像がご覧になれます)
上の画像は、十五町石が駕籠立場付近にあった平成15年3月当時のもの。
今回(17年2月)出かけましたら、屋根の下には「お知らせ この場所で通行人を見守ってくれていましたお地蔵様(町石)、当分の間、他の場所に移動します」の紙が置かれていました。そして町石は少し上に登った「清順上人供養碑」の案内板の後ろに避難していました。

八鬼山道(八鬼山越え)

熊野古道、八鬼山は「西国第一の難所」といわれ、険しい峠越えの山路に狼(オオカミ)や追い剥ぎが出没して旅人に恐れられた。

江戸時代、文化12年(1815)大坂中座で初演を見た「敵討浦朝霧」の歌舞伎の中で「女巡礼殺し」が行われた舞台として「紀州八鬼山峠の場」が登場したが、八鬼山が「難所」として西国巡礼などを通して一般に知られていたためであろう。
八鬼山越えは大部分が石畳道であるが、敷設年代は不明である。「上り五十町、下り三十八町」の距離も起点、終点が定かでないが、先人たちの「道づくり」の工夫と苦心の跡が随所に見られる。
山頂の八鬼山峠(標高627b)から十五郎茶屋を経由して旧名柄村に至る古くからの熊野古道(江戸道)は、明治28年(1895)に計画された新道(明治道)の完成により荒廃した。
沿道には、行き倒れ巡礼供養碑、茶屋跡、駕籠立場、清順上人供養碑、町石、一里塚、道標、荒神社などの史跡も多く、山頂の「健康とゆとりの森・芝生の広場」に立つと、志摩半かすら那智山の山並みまで熊野灘の大パノラマが眺望できる。

八鬼山道(尾鷲側)は、昭和63年(1988)3月、三重県文化財(史跡)に指定され、また平成8年(1996)11月には、文化庁から馬越峠道とともに、熊野参詣道(伊勢路・八鬼山道)として「歴史の道100選」のひとつに選定された。

 八鬼山越えの町石(その1−2)へ

 奈良街道の道標と常夜燈へ