金剛證寺・宇治岳道の町石(その4)

2-u_toufuyakaisetuban.jpg (20495 バイト)

朝熊岳道との合流点「朝熊岳とうふ屋旅館跡」案内板

zue-asamatouge.jpg (18584 バイト)

『伊勢参宮名所図会』より朝熊峠

え、こんな山の中に旅館が!「朝熊岳とうふ屋旅館跡」

このあたりの屋敷跡は朝熊山唯一の旅館であった『とうふ屋(東風屋)』の跡です。

晩年、大井幸太郎氏が経営した旅館で、当時は全国に知られた宿でありました。

創業は江戸期。大正14年に新築され、朝熊山唯一の旅館として本館と別館があり、本館は100畳敷きの大広間もあって団体宿泊に備えました。別館は客室十数室の他に写真の暗室も設け、食堂は和洋食を調え、志摩や鳥羽の新鮮な魚介類を豊富に使ったメニューでした。

昭和19年、ケーブルカーの廃止とともにさびれ、茶店を主に臨時営業をしていましたが、昭和39年2月18日の火災によって本館・別館ともに焼失しました。(伊勢市教育委員会「朝熊岳とうふ屋旅館跡」案内板より)


五十三丁

元禄二己巳年願主□や佐右エ門

七月吉日      同平三郎

s2-u53genroku_a.jpg (10522 バイト)
五十三丁

ほか地蔵町石・石造遺物

2-u53.57.kuyou_b.jpg (17339 バイト)
五十五丁 s2-u55b.jpg (15108 バイト)
五十五町 s2-u55k.jpg (11637 バイト)
(五)十六丁 s2-u56..jpg (13057 バイト)
五十七丁 s2-u57.jpg (12363 バイト)
五十八丁 s2-u58_c.jpg (12952 バイト)
五十八丁 2-u58A..jpg (12818 バイト)
五十九丁 s2-u59.jpg (11184 バイト)
五十四丁(左はし)

ほか石造遺物

(金剛證寺総門付近)

2-u54etc.jpg (20509 バイト)
五十丁

先祖代々

施主 勢州小林村藤エ門

(金剛證寺総門付近)

s2-u50.jpg (12220 バイト)
□迄 六十町 □

施主 武州江戸田所町

     萩原三郎右衛門

江戸本八丁堀 木公屋町

    細工小川久兵衛

延享三丙寅歳正月吉日

住持玉堂代

(金剛證寺総門付近)

2-u60k.jpg (18434 バイト)
五十九丁

 

(赤福二見店庭内)

2-u59futamib.jpg (20024 バイト)

 宇治岳道の町石(その1)へ

 宇治岳道の町石(その2)へ

 宇治岳道の町石(その3)へ