金剛證寺・宇治岳道の町石(その3)

2u-kusubetouge.jpg (19570 バイト)

茶店の石垣が残る楠部峠

zue-kusubetouge.jpg (20205 バイト)

『伊勢参宮名所図会』より楠部峠

 

楠部峠

登り始めてから3、40分程で、道はややなだらかになり、楠部(くすべ)峠を過ぎる。

ここには江戸時代、参詣者のための茶屋があり、地蔵の茶屋ともいわれ、最盛期の模様は、寛政9年(1797)の『伊勢参宮名所図会』の「楠部峠」の挿絵に画かれている。ここの茶屋の主人、大山家は楠部村の出で、昭和15年、店を閉めて山を下りた。

楠部峠は、宇治・楠部からそれぞれ15丁のところにあった。今も立派な石垣が残る。(三重県教育委員会編・『歴史の道調査報告書・朝熊岳道』より)

 

四十一丁

四十二丁

s2-u42.41b.jpg (12106 バイト)
四十三丁 2-u43b.jpg (20005 バイト)
四十四丁 s2-u44b.jpg (10824 バイト)
四十五丁 s2-u45b.jpg (11669 バイト)
四十四丁 s2-u44c.jpg (12242 バイト)
四十六丁

弘法井戸

 

2-u46-koubouido.jpg (17561 バイト)
四十七丁 s2-u47.jpg (10376 バイト)
四十八丁 s2-u48b.jpg (11787 バイト)
(右から)

四十八丁

四十九丁

五十丁

四十五丁

四十九丁

□丁

四十七丁

2-u48.49.50.45.49.47-a.jpg (21703 バイト)

 宇治岳道の町石(その4)へ

 宇治岳道の町石(その1)へ

 宇治岳道の町石(その2)へ