金剛證寺・宇治岳道の町石(その2)

u-migiasamamichi.jpg (21210 バイト) 宇治岳道の町石は、角柱町石・舟形地蔵町石・自然石町石の3形式に分類できる。

角柱町石はその大きさにより二つに分けられ、大きい方の町石は六十町石を除きほぼ同じ大きさであり施主名が彫られている。

六十町石はそれよりやや大きく、施主・紀年銘・細工者名が彫られており、その刻銘より江戸八丁堀松尾町の小川九兵衛により江戸で造られ、延享3年(1746)、武州江戸田所町の萩屋三郎右衛門が造立したものと考えることができる。

また、小型の方は町数のみが刻銘されているだけであるが、石材より武州江戸田所町の萩屋三郎右衛門が、延享3年に造立したものと推察することができる。(伊勢市教育委員会編『伊勢市の石造遺物』より)

(画像は宇治館町神宮司庁横に残る、文政十三年(1830)建立の「南右あさまみち六十三丁/いそべミち三り半 西左二見浦百丁」の道標)

(地蔵)三十丁

    伊勢度会郡宇治下館/松井□

    元禄□正月吉日

(角柱)三十町

    武州江戸田所町

    施主 萩原三郎右衛門

(他宝暦二年建立の供養塔・地蔵像)

2-u30k+j+kuyou.jpg (25038 バイト)
三十一丁 s2-u31.jpg (11409 バイト)
三十二丁 2-u32atama.jpg (16928 バイト)
三十一丁

二十八丁

s2-u31.28.jpg (10433 バイト)
三十三町 u33k_b.jpg (17901 バイト)
三十三丁

三十四丁

su34.33b.jpg (10334 バイト)
□丁

三十五丁

(不明)

s2-u30etc..jpg (10182 バイト)
(三)十六丁 s2-u36.jpg (10524 バイト)
三十八丁

三十九丁

su39.38b.jpg (11151 バイト)
四十丁 su40b.jpg (11588 バイト)

 宇治岳道の町石(その3)へ

 宇治岳道の町石(その4)へ

 宇治岳道の町石(その1)へ