金剛證寺・鳥羽岳道の町石(その2)

gyokusenji.jpg (15649 バイト)

曹洞宗永平寺派瑞徳山玉泉寺はもと山号を流沢山と称したが、享保15年瑞徳庵を併合した際に改号した。

地内には源五郎地蔵があるが、これは身寄りのなかった源五郎が処刑に際して自分の死骸を埋めた者があれば、諸人の首より上の悪病を快癒すると遺言し、ある人が懇ろに葬って地蔵を刻み、香花を供えて冥福を祈ったことによる。

以来その霊験を信じて人々が訪れ、大正5年には小堂が建立されて入仏供養が行われた。(『角川日本地名大辞典・三重県』より)

三十丁

 

正春大覚信士

s-t30b.jpg (11134 バイト)
三十三丁

 

釋(戸にしんにゅう)引信士

施主 勢州小林村藤エ門

s-t33b.jpg (11965 バイト)
卅六丁

 

仙室寿貞信士

s-t36b.jpg (11509 バイト)
三十九丁

 

幽山宗斎信士

s-t39.jpg (12433 バイト)
四十二丁

 

誓誉慈光妙安善女

s-t42b.jpg (9160 バイト)
四十五丁

 

本誉立心覚翁禅定門

s-t45b.jpg (14062 バイト)
四十八丁

 

先祖代々

施主 勢州土路村市右エ門

s-t48.jpg (12372 バイト)

 鳥羽岳道の町石(その1)へ