金剛證寺・鳥羽岳道の町石(その1)

hidari-asamatakemichi3.jpg (20089 バイト)

近鉄鳥羽線を池の浦駅で下車し、眼前に堅神神社の樹叢、左手に曹洞宗玉泉寺の山門を見ながら右に折れて500メートルほど歩くと、紙漉川にかかる西の辻橋横に至る。この小橋を渡りきった右側に嘉永3年(1850)に建立された花崗岩製の現高1.24メートル、幅51センチの立派な道標があり、正面「左 あさま可たけ/内宮へかけぬ希」、右面「嘉永三年庚戌三月」、左面「施主」と刻まれている。

その傍に藤エ門さん寄進の小さな地蔵尊があり、ここが鳥羽岳道の出発点である。以前はここの場所の前にゆう茶屋という茶屋があり、旅人はここで着替えをして岳参りに向かったということである。

ここからは3町ごとに、供養塔を兼ねた町石地蔵が、山上の50丁まで建てられていたのだが、残念ながら現在は、三丁・六丁・十二丁・十八丁の各町石地蔵の所在が不明になっている。(三重県教育委員会編集『歴史の道調査報告書・朝熊岳道』より)

九丁

俊林宗哲信士

 

 

s-T9.jpg (9828 バイト)
十二丁

 

覚円貞雲信女

s-t12.jpg (11426 バイト)
十五丁

善誉妙邦信女

施主 勢州小林藤右衛門

s-t15.jpg (11650 バイト)
 

十八丁

 

勝誉覚玄信士

s-t18b.jpg (11190 バイト)
廿一丁

達道守心信士

s-t21.jpg (11362 バイト)
 

廿四丁

 

応誉感月妙光信女

s-t24b.jpg (11718 バイト)
廿七丁

明誉慈光徳応善士

s-t27b.jpg (13249 バイト)

 鳥羽岳道の町石(その2)へ