青峰山正福寺の町石(その1)

b1syoufuku-ehagaki.jpg (75430 バイト)

青峯山境内夫婦杉(正福寺絵はがきより)

鳥羽市と磯部町にまたがる青峰山は、航海安全を祈願する山として信仰が厚い。その中腹にある正福寺もまた、海上安全、大漁を願う人たちによって古くから信仰されてきた。

正福寺は聖武天皇の勅願により僧行基が開いたと伝えられ、真言宗の高野山派に属している。本尊は相差(おうさつ)で見つけられた鯨の背中に乗って現れた観世音像と伝える1寸8分(約5.5センチ)の十一面観世音菩薩である。

正福寺への参詣道は、明治末頃まで風待港として栄えた的矢からの「的矢道」、磯部町五知から登る「五知道」、磯部町上之郷の伊雑宮(いぞうのみや)を基点とし、途中、沓掛からの道と合流し、字草所(くさどころ)山裾の「青峯山登山口」の案内板を登り口とする「磯部道」、鳥羽から近鉄志摩線で約30分、松尾駅下車、相差に向かう道を約10分の所に立つ「右青峯道」の石柱に従い、右の道路に入り直進する「松尾道」などがある。

今回は、松尾道に残る「町石」を訪ねてみた。

壹丁目

 

平坂

市川彦三郎

s-b1syoufuku-1.jpg (17365 バイト)
三丁目

 

平坂

外山善右衛門

s-b1syoufuku-3.jpg (11132 バイト)
市川

(四丁目)

s-b1syoufuku-4b.jpg (15048 バイト)
五丁目

 

平坂

新寶八右衛門

 

s-b1syoufuku-5.jpg (8841 バイト)
六丁目

 

平坂

外山善右衛門

s-b1syoufuku-6.jpg (12345 バイト)
七丁目

 

平坂

市川店中

s-b1syoufuku-7.jpg (12258 バイト)

 正福寺の町石(その2)へ

 正福寺の町石(その3)へ