国束寺の町石(坂井道・その2)

t5-enkeiB2.jpg (14111 バイト)

鳴子山稜線から麻加江を望む

江戸期の地誌『勢陽雑記』は「涌福智山国束寺」と題して 「山田より坤方、神宮の古寺なりと云々。九握の神剣を納奉りし山成る故に国束の嵩と号す。又穂広の峯ともいふ。(中略)本堂巽に向ひ七間四面にあり。然れどもいづれの時か破却すと云々。今仮の疎屋、本尊十一面観音、立像丈三尺也。(中略)伊勢順礼の札所九番目也。うたに 神代より国をつかぬる寺なれば福智をわかす仏なりけり」と記す。

さらに寺の創始を、聖徳太子が神告により国束山上に伽藍を建立し、十一面観音立像を安置したのに始まるという。また、「天照大神の胞衣を奉納し所は穂広峰の頂上、是を奥院と号し鎮守白山権現の堂一宇あり」ともあり、伊勢神宮とは何らかの関係を持っていたのであろう。(『度会町史』より)

是より七丁

 

广加江村

木江見久吉

智了寿安禅門

楽室妙□信女

t5-sakai7.jpg (19518 バイト)
是より六丁

 

广加江村

八左衛門

雪峰良白信士

t5-sakai6.jpg (16009 バイト)
是より五丁

 

广加江村

世古宗八

釋秋光信士

妙誓信女

t5-sakai5.jpg (16474 バイト)
是より四丁

 

广加江村

世古永助

智誓童女

恵明童士

t5-sakai4.jpg (15182 バイト)
是より三丁

 

立花村

中村三良兵エ

釋智□童子

先祖代々

t5-sakai3.jpg (38174 バイト)
是より二丁

 

广加江村

専六良

先祖代々

t5-sakai2.jpg (22662 バイト)
是より壱丁

 

マカエ

山口善吉

先祖代々

t5-sakai1.jpg (25744 バイト)

 国束寺の町石・平生道1へ

 国束寺の町石・平生道2へ

 国束寺の町石・坂井道1へ