国束寺の町石(平生道・その1)

t5-ezu.jpg (42097 バイト)

国束山上伽藍配置図(国束寺駐車場案内板)

度会郡玉城町・度会町、多気郡多気町との間にある国束山。山頂の穂広峰に天照大神の胞衣、地神山の峰に素戔嗚尊の胞衣を奉納したと伝え、山上付近に天台宗国束寺があった。同寺は聖徳太子が神勅に従って大伽藍を建立し、1丈3尺の十一面観音立像を安置したのに始まる。

平安〜鎌倉期に天台宗の大道場となり、七堂伽藍と36院を有し、朝熊金剛証寺と並ぶ南勢地区の名刹で明治4年まで続いた。第2次大戦後一部は大阪四天王寺へ、他は山麓の度会町平生(ひろお)に移遷。

山名は九握の神剣を奉納した山による。山頂には礎石跡が残るが、往時をしのぶものはない。登り道は4カ所あり、平生(国束寺の裏)からの道がよい。(『角川日本地名大辞典・24三重県』より)

今回は平生道に残る、幕末に立てられた地蔵の町石を麓から訪ねた。

是より十五丁

 

先祖代々 平生村

天保十五辰年

 

(台石・山本□□/□□□□)

t5-hirao15.jpg (15062 バイト)
是より十四丁

 

先祖代々 平生村

天保十五辰年

 

(台石・横井周蔵/□橋寅之助)

t5-hirao14.jpg (19259 バイト)
是より十三丁

 

先祖代々 平生村

天保十五辰年

s-t5-hiroo13.jpg (16189 バイト)
是より十二丁

 

先祖代々 平生村

天保十五辰年

中西傳蔵

s-t5-hiroo12.jpg (13769 バイト)
是より十一丁

 

先祖代々 平生村

天保十五辰年

 

(台石・鳥羽半蔵/田□与四郎)

t5-hirao11.jpg (26513 バイト)
是より十丁

 

先祖代々 大久保村

天保十五辰年

浦田新之丞

s-t5-hiroo10.jpg (18663 バイト)
是より九丁

 

先祖代々 大久保村

天保十五年

s-t5-hiroo9.jpg (20784 バイト)
是より七丁

 

先祖代々 大久保邑

天保十五年 坂本

 

(台石・治良/甚□)

s-t5-hiroo7.jpg (13756 バイト)

 国束寺の町石・平生道2へ

 国束寺の町石・坂井道1へ

 国束寺の町石・坂井道2へ