金剛證寺・磯部岳道の町石(その3)

2-i_migi_iseasama2.jpg (33236 バイト)

五知(ごち・磯部町)

古くは五智とも書いた。志摩半島中央部、的矢湾置くの伊雑ノ浦に注ぐ野川上流の山間部に位置し、鳥羽へ抜ける五知峠がある。

集落は野川上流の上五知と五知峠の麓の下五知に分かれ、ともに傾斜地に南面して立地する。古くは上之郷のうちにあったが分立したといわれる。

地名の由来については、朝熊山の参道にある籠り堂に祀られている五智如来像にちなむという説と、地内の小字に北河内・中河内などがあるところから「こうち」が「ごち」に転訛したとの説がある。平家落人伝説がある。(『角川日本地名大辞典・24三重県』より)

(上の画像は五知岳道の登り口、「右いせ/阿さま 左やま 道 施主 中西茂平」の自然石道標)

四十九丁

 

心誉良安信女

s2-i49.jpg (13420 バイト)
五十二丁

 

安誉浄心信士

s2-i52.jpg (15741 バイト)
五十五丁

 

天蓮社香誉上人

順達和尚

s2-i55.jpg (16927 バイト)
五十八丁

 

順誉教閑信女

s2-i58.jpg (16706 バイト)
六十一丁

先祖代々一切精霊

施主 勢州土路村

    市右エ門

s2-i61.jpg (14542 バイト)
六十四丁

先祖代々一切聖霊

施主 勢州小林村

    藤右エ門

s2-i64.jpg (16116 バイト)
六十七丁

成岳了安信士

施主 勢州川崎南町

    土村常吉

s2-i67.jpg (15914 バイト)

五知岳道の町石(その1)へ

五知岳道の町石(その2)へ