金剛證寺・磯部岳道の町石(その2)

2-i16yakushidou2.jpg (29211 バイト)

(上五知の薬師堂、右の切り通しに16丁の地蔵町石がある)

上五知の集落を一望できる高台、墓地への入口に薬師堂がある。昔、集落の中程、道の北側にあった草葺きの薬王堂を、明治時代に現在の場所に移したもので、今の建物は昭和55年12月に改築された。

堂に安置された木造薬師三尊像は、延宝2年(1674)に志摩から朝熊岳へ登る途中、この地に立ち寄った円空の作とされ、磯部町文化財に指定されている。1本の杉の丸太をナタ彫りした薬師如来像の像高は109.5センチ、また、1本の杉の丸太を二つ割りした素材に彫られた、脇侍の日光菩薩・月光菩薩の両像は89.5センチ、いずれも台座に至るまで一木造りによるものである。

お顔は微笑して、手は裳の中に入れ、薬師如来は箱状のものを胸にのせている。8点が確認されている志摩郡に残る円空仏の中でも円空の作風がよく出た秀作とされている。

縁日は1月12日で「十二薬師の日」と呼び、円空仏の開眼供養の日ともいう。(『磯部町史・下巻』より)

二十五丁

 

釋道樹

s2-i25.jpg (11892 バイト)
二十八丁

 

達道珠心信士

s2-i28.jpg (10929 バイト)
三十四丁

 

幽山宗斎信士

s2-i34B.jpg (12852 バイト)
三十七丁

 

誓誉慈光妙安善女

s2-i37B.jpg (12936 バイト)
四十丁

 

本誉立心覚翁禅定門

s2-i40.jpg (16935 バイト)
四十三丁

 

喜誉幽歓妙玄信女

s2-i43.jpg (16513 バイト)
四十六丁

 

清誉幽岳浄玄信士

s2-i46.jpg (15757 バイト)

五知岳道の町石(その1)へ

五知岳道の町石(その3)へ