金剛證寺・磯部岳道の町石(その1)

2-i_tenpakunomori.jpg (34741 バイト)

(天白の森・磯部町下五知)

志摩地方からの岳道は、鳥羽岳道・船津道・河内岳道の鳥羽ルートと、磯部から登る五知岳道があり、五知岳道は磯部の人ばかりではなく、前志摩一円からの参詣ルートになっていた。

五知岳道は下五知天白の森(庚申塚)を起点に山頂まで67町(7.31キロ)、信者の寄進による地蔵光背型の町石が3町ごとに置かれ案内してくれる。下五知から川沿いの道を行くと、上五知入口の延命地蔵近くに13丁、集落を抜けた薬師堂下の切り通しに16丁、そこから西へ山裾のあぜ道を進むと登り口である。

そこの山の斜面に、19丁の町石と、自然石に刻まれた「右いせあさま、左やま道」の道標、その横には「右たけみち」と刻まれた観音石碑がある。この登り口からは、尾根づたいに起伏の激しい山道が山頂に続いている。

かって、6月28日金剛證寺の開山忌には、参詣者が列をなして賑わった岳道も、伊勢志摩スカイラインの開通した今日では、その人影はみられなくなった。(『磯部町史・上巻』より)

四丁

 

俊林宗哲信士

s2-i4.jpg (12042 バイト)
七丁

 

寂室智光信女

s2-i7.jpg (11906 バイト)
十丁

 

勝誉覚玄信士

s2-i10b.jpg (22735 バイト)
十三丁

 

應誉□□妙光善士

s2-i13.jpg (12657 バイト)
十六丁

 

明誉慈光徳應善士

s2-i16.jpg (13355 バイト)
十九丁

 

正春大覚信士

s2-i19.jpg (23614 バイト)
二十二丁

 

釋尼妙閑信女

s2-i22.jpg (13100 バイト)

 五知岳道の町石(その2)へ

 五知岳道の町石(その3)へ