廃補陀落寺の町石・余話

なお、福永正三氏は著書『秘蔵の国』で、

「ところで、説明の碑文にいう「当時の奈良

街道」の位置をどのように考えたらよいの

か。大多数の人は、碑文の建っている御

斎峠への街道(俚称伊勢街道。京街道と

もいう)を奈良街道と受け取るかもしれな

い。廃補陀落寺の町石は15町石までで

あったとか、当時の奈良街道はここを通

っていたというような断定は軽々にすべ

きでないと思う。

現に5町石・8町石は、昭和になってから

発見されているし、4町石のごときは昭

和28年の山津波の際、2キロも下流に

押し流されていたことを想起する要があ

る。」とする。

map-fudaraku.jpg (25803 バイト)
s_haihodarakuji-ato.jpg (17627 バイト)

番屋の辻

奈良街道の四つ辻で、田水を配る水分

神の依る処である。5月より8月まで毎

夜水番が交代で出役した場所なので

「番屋の辻」と呼ばれるようになった。

子供の作った燈灯がヨノミの木に掛け

られ、夜10時頃まで子供の声がしき

りに聞こえて夏の夜の風物詩になっ

ている。(辻に立てられた解説板より)

s_takakura_hi.jpg (6184 バイト)
s_banyanotuji.jpg (5570 バイト)

大日堂

三国誌に、蜂庵寺大日堂と記されてい

る堂で、8月28日が会式である。密教

の最高仏、大日如来を祀り牛馬守護

仏としての信仰があり、会式には夜遅

くまで江州音頭で賑った。

今日では28日に近い日曜日に徳楽寺

の僧が参向して会式は鳥居出小場総

出で行われる。(大日堂脇の解説板より)

dainithidou.jpg (23189 バイト)

炭窯と司馬遼太郎

『街道をゆく七』(朝日新聞社刊)の「甲

賀と伊賀のみち」の中で道路の崖を利

用してかまをきずき、かまのそばに簡単

なテントを張って、二人の炭焼きが火の

番をしていた。「一人は七十を越えた老

人である…」その炭窯である。

一冬に数回窯出しが行われる。

司馬遼太郎さんが須田剋太画伯と歩い

た道は今舗装され旧道になってしまっ

た。(炭焼き窯あとの解説板より)

s_sumiyakigoya.jpg (8002 バイト)
sumiyakigoya_book.jpg (22809 バイト)

御齋峠へ向かう途上、炭を焼く二人

朝日新聞社刊『街道をゆく・七』より

補陀落の滝と那智川

源平盛衰記』に首落ちの滝と記され、

源義経が滝の名を忌みて長田廻りで宇

治に出陣した。と伝えられる滝で、「水

勢が首を落とす程の勢いがある」とか

「補陀落寺の破戒坊主の首を落とした」

とかの伝承があるが、熊野信仰にちな

んで、那智の滝と呼んだ時代もあったが、

今では補陀落の滝と呼称し、高倉神社

の祭儀と関わりがある。

(滝への入口に立つ解説板より)

s_fudarakunotaki.jpg (9053 バイト)

五八寸伝承地

昭和の初め、すゞゑさんの母親が5月

休みにカイコ仲間とワラビ取りに行った

とき「五八寸」を見た所です。

五八寸とは胴回り5寸(約15センチ)、

長さ8寸(約24センチ)の蛇のことで、

他所ではツチノコと呼んでいます。

その異相に驚き、急ぎ帰って娘に話し

たところ三日三晩高熱が続き、五八寸

を見たら悪いことがあると伝えられる

のは本当だ。と里人が話し合いました。

(水上地蔵前の道路脇の解説板より)

s_mizukamijizoh.jpg (7408 バイト)
s_hodarakujiato_iriguti.jpg (8405 バイト)

高倉神社

祭神 高倉下命 神武天皇東征の功神

にして倉庫守護・延命長寿の霊験あり。

7代の孫、倭得玉彦命この地に移り住

んで祖神を祀るを最初とする。東・西高

倉地区の氏神なり。

創建は古く垂仁天皇の頃と伝え、貞観

3年(861)従五位下の神階をうけ、国

史見在社であります。

現社殿は、天正2年(1574)に伊賀国

守護仁木長政の造営、一間社流造りで

桧皮葺の本殿を中央に右に八幡社、左

に春日社と三社信仰を今に伝える古社。

日本最古の廃補陀落寺町石の補陀落

寺は、当社の別当寺であります。

(境内『神社略記』より)

高倉神社の鳥居と大欅(ケヤキ)

この鳥居の形式は、両部鳥居と名づけ

られ、高倉神社の一の鳥居である。

大欅は、山ノ口神事の注連縄かけ木で

高倉5名木の一つである。山ノ口神事

は1月7日に行われる。「東の国の銭金、

この国へ引き寄せよ。西の国の糸錦、

この国へ引き寄せよ。チョイサ、チョイサ」

と唱えて神事が終わる。

高倉5名木 大杉2本・椎の木・カゴの木

・榧の木(天然記念物)・この大欅

(鳥居脇の解説板より)

takakurajinjya4.jpg (16972 バイト)
takakurajinjya1.jpg (32524 バイト)
s_takakurajinjya-2.jpg (9973 バイト)
s_takakura_1torii.jpg (6795 バイト)

  廃補陀落寺の町石へ