廃補陀落寺の町石

15cyou.jpg (28885 バイト) 史跡廃補陀落寺町石(上野市鳥居出)

鎌倉時代の中期、上野市の北西、鳥居出の水上山にあった補陀落寺(ふだらくじ)と奈良街道を結ぶ参道沿いに1町ごとに立てられた道しるべ。

三重交通バスの「木田原」停留所近くの県道脇に、上野市教育委員会が昭和29年(1954)5月に建立した標石に、「昔この里の奥の水上山に補陀落寺という寺があった。そこへ参る人々の道しるべとして当時の奈良街道からこの寺まで一町毎に立てられたのがこの町石で、その一つ一つに寺までの道のりと寄進者の名が刻まれてある。昭和8年2月28日 文部大臣指定史跡、現存町石中最古建長5年(1253)建立」と刻まれている。

(左の画像は十五丁石。以下、解説は「高倉補陀落保勝会」さんが、各町石の脇に立てられた解説板から引用させて頂いた)

 
s13cyou.jpg (10237 バイト)

十三丁石

国指定史跡 昭和8年2月28日

長柱状自然石花崗岩製

中心高さ 71センチ

幅    54センチ

厚さ   42センチ

上部中央に梵字アクが大きく薬研彫されている

下右に 願主

下左に 本為貞・□木為貞・□木□貞、三つの説がある

s12tyoh.jpg (10415 バイト)

十二丁石

国指定史跡 昭和8年2月28日

尖頭扁平楕円形自然石花崗岩製

中心高さ 70センチ

幅    54センチ

厚さ   23センチ

上部中央に梵字アクが大きく薬研彫されている

この丁石のみ願主と書かれなく右下に 藤原氏と書かれている 
s9cyou.jpg (10929 バイト)

九丁石

国指定史跡 昭和8年2月28日

紡錘状自然石花崗岩製

中心高さ 68センチ

幅    53センチ

厚さ   29センチ

上部中央に梵字アクが大きく薬研彫されている

下右に  願主

下左に 下守實・□安□、二つの説がある

s8cyou.jpg (17052 バイト)

八丁石

三角形自然石花崗岩製

中心高さ 69センチ

幅    41センチ

厚さ   20センチ

上部中央に梵字アクが大きく薬研彫されている

下右に  願主

下左に 源守清

八丁石のみ指定されていない

昭和29年4月宮谷川右岸字大谷山地内の明神川水路災害復旧工事中に川原に近い所で拾得された

s7cyou.jpg (17927 バイト)

七丁石

国指定史跡 昭和8年2月28日

頂尖板状自然石花崗岩製

中心高さ 67センチ

幅    35センチ

厚さ   30センチ

上部中央に梵字アクが大きく薬研彫されている

下右に  願主

下左に 藤原友重

藤原友重は当時の念仏衆団に関係していたことが確認されたという

s5cyou.jpg (11552 バイト)

五丁石

国指定史跡 昭和8年2月28日

扁平三角形自然石花崗岩製

中心高さ 107センチ

幅     58センチ

厚さ    25センチ

上部中央に梵字アクが大きく薬研彫されている

下右に  願主

下左に 国重吉・□重吉の二つの説がある

 

4cyou.jpg (53672 バイト)

四丁石

国指定史跡 昭和8年2月28日

長柱状自然石

中心高さ 113センチ

幅     63センチ

厚さ    44センチ

上部中央に梵字アク

梵字下に建長五年癸丑/七月十八日

右下に  願主

左下に 覺円

僧覚円は当時の念仏衆団に関係していたことが確認されている

三丁石

国指定史跡 昭和8年2月28日

長楕円状扁平自然石花崗岩製

中心高さ 90センチ

幅    77センチ

厚さ   26センチ

上部中央に梵字アクが大きく薬研彫されている

右下に  願主

左下に 僧印増

s1cyou.jpg (15505 バイト)

基 石

国指定史跡 昭和8年2月28日

扁平三角形自然石片麻岩製

中心高さ 91センチ

幅     63センチ

厚さ   

上部中央に梵字アク

梵字下に建長五年癸丑/八月廿一日

右下に  願主

左下に 反真永

Next 廃補陀落寺町石・余話へ