金剛證寺・朝熊村岳道の町石(その4)

2-asamadai1haisyo.jpg (23602 バイト)

朝熊第一之拝所(伊勢市朝熊町)

朝熊村岳道の地蔵町石は全て砂岩製舟形の町石で、像容は宝珠・錫杖地蔵である。町数は上部に薬研彫で彫られている。

施主は小林村(現御薗村小林)の藤右衛門と土路村(現伊勢市東豊浜村)の市右衛門が、堅神・五知岳道とともに他の人たちと造立したものであろう。

造立年代については、いずれも紀年銘がないのと、金剛證寺に資料がないので知ることができないが、(御薗村小林の宝林寺と東豊浜村高蔵寺の)過去帳から藤右衛門関係の造立年代は天保9年から同15年(1838〜44)と考えることができ、市右衛門関係は、文政10年から嘉永元年(1827〜48)の間と考えることができる。また、両者が同時に協力して、朝熊村・堅神・五知岳道の町石を造立したとも考えられ、その場合は、天保9年から同15年の間と推察することができる。(伊勢市教育委員会編『伊勢市の石造遺物』より)

二丁

 

□□宗哲信□

s2-a2jb.jpg (12483 バイト)
三丁 s2-a3jb.jpg (15655 バイト)
十一丁 s2-a11j.jpg (15285 バイト)
十三丁

 

釋道樹信士

s2-a13j.jpg (11189 バイト)
十五丁 s2-a15jb.jpg (11488 バイト)
十七丁

幽山宗斎信士

s2-a17j.jpg (14869 バイト)
十九丁

 

覚翁釋定□

(右側石仏)

2-a19jb.jpg (21722 バイト)
廿丁

 

香誉上人順達和尚

s2-a20j.jpg (12145 バイト)
廿一丁

 

土路 市右エ門

先祖代々

a_21jizou.jpg (19033 バイト)
廿二丁

 

小林 藤右エ門

先祖代々

s2-a22j.jpg (11826 バイト)

 金剛證寺・朝熊岳道の町石(その1)へ

 金剛證寺・朝熊岳道の町石(その2)へ

 金剛證寺・朝熊岳道の町石(その3)へ