金剛證寺・朝熊村岳道の町石(その3)

2-migiasamamiti.jpg (26141 バイト) 朝熊村岳道

朝熊村を経由する登山者には、周辺地域はもとより海上経由の参詣者があり、神宮参詣後、楠部(くすべ)・鹿海(かのめ)を経て朝熊村に至るものが多かった。

朝熊集落へはいる道は、大きく二つに分かれる。西からは楠部・鹿海を経由して途中、北の二見からの道を合わせて朝熊川の左岸から集落に至る道、いま一つは、東部の鳥羽方面からの道がある。この二つの道が地蔵堂付近で合流する。

ここに次の道標が建っている。西側に「右 あさまたけ/左志州とば 道」、北面に「安永八己亥十一月(1779)施主□」と刻まれている。(三重県教育委員会編『歴史の道調査報告書・伊勢街道』より)

十七町

 

道順

貞薫

2-a17.jpg (37689 バイト)
十八町 2-a18.jpg (25147 バイト)
十九町 s2-a19.jpg (13345 バイト)
二十町 s2-a20.jpg (13928 バイト)
二十一町 2-a21B.jpg (36737 バイト)
二十二町 a_22.jpg (18158 バイト)

 金剛證寺・朝熊岳道の町石(その4)へ

 金剛證寺・朝熊岳道の町石(その1)へ

 金剛證寺・朝熊岳道の町石(その2)へ